• TOP
  • 学部概要
  • 採用情報
  • 地域医師募集
  • 関連リンク
  • 問い合わせ

医学専攻・医学科

器官・形態領域
眼科学(旧名称:眼科学講座)

スタッフ紹介

教授:白石 敦 


准教授:上甲 武志 

准教授:原 祐子 

准教授:溝上 志朗 

准教授:鄭 暁東 


講師:鈴木 崇 


助教:坂根 由梨 

助教:浪口 孝治 

助教:鎌尾 知行 


医員:平松 友佳子 


非常勤病院医師:五藤 智子 

非常勤病院医師:児玉 俊夫 

非常勤病院医師:別所 建一郎 

非常勤病院医師:山本 康明 

非常勤病院医師:岡 奈央子 

非常勤病院医師:島村 一郎 


その他:林 康人 

研究内容

当教室においては1、眼感染症の発生メカニズムおよび免疫防御機構の解明。2、角膜再生医療にむけた上皮細胞、内皮細胞の増殖メカニズムの解明、および臨床応用。3、角膜創傷治癒の分子メカニズム解明。4、ドライアイ発症メカニズムの解明および臨床的病態解明。5、白内障発生メカニズムの解明。等のテーマに焦点をあて、動物モデル、培養細胞を用いて分子生物学的、組織学的手法を用いて解析。および臨床学的に応用、解析を行っている。

主な実績(最新3件抜粋)

実績1
Zhang Y, Kobayashi T, Hayashi Y, Yoshioka R, Shiraishi A, Shirasawa S,Higashiyama S, Ohashi Y. mportant Role of Epiregulin in Inflammatory ResponsesDuring Corneal Epithelial Wound Healing. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2012.
実績2
Kawasaki S, Tasaka Y, Suzuki T, Zheng X, Shiraishi A, Uno T, Ohashi Y.Influence of elevated intraocular pressure on the posterior chamber-anterior hyaloid membrane barrier during cataract operations. Arch Ophthalmol. 2011;129(6):751-757.
実績3
Zheng X, Sakai H, Goto T, Namiguchi K, Mizoue S, Shiraishi A, Sawaguchi S,Ohashi Y. Anterior segment optical coherence tomography analysis of clinically unilateral pseudoexfoliation syndrome: evidence of bilateral involvement and morphologic factors related to asymmetry. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2011 29;52(8):5679-5684.

■ 器官・形態領域 眼科学

〒791-0295 愛媛県東温市志津川

TEL 089-960-5361 FAX 089-960-5364

メールでのお問合せ

(必須)件名
(必須)お名前
ご住所
電話番号
(必須)E-mail
(必須)お問合せ内容

以上の内容でよろしければ、「内容を確認して送信」を押してください。

  • 確実に連絡を取るために、できるだけ、ご住所・電話番号のご記入をお願いいたします。
  • この内容は、講座担当者へ送信されます。
  • メール問い合わせから3日以上連絡が無い場合は、上記代表電話番号までご連絡ください。

このページのTOPへ