• TOP
  • 学部概要
  • 採用情報
  • 地域医師募集
  • 関連リンク
  • 問い合わせ

医学専攻・医学科

器官・形態領域
機能組織学(旧名称:解剖学第二講座)

スタッフ紹介

研究内容

1.脳卒中および神経外傷の分子機構。
2.神経細胞死の分子機構。
3.神経保護薬による脳卒中、神経外傷および神経変性疾患の新規治療法の開発。

主な実績(最新3件抜粋)

実績1
Yoshida T, Hakuba N, Morizane I, Fujita K, Cao F, Zhu P, Uchida N, Kameda K, Sakanaka M, Gyo K, Hata R. Hematopoietic stem cells prevent hair cell death after transient cochlear ischemia through paracrine effects. Neuroscience. 2007 Feb 21; [Epub ahead of print]
実績2
Cao F, Hata R, Ma YJ, Tanaka J, Hanakawa Y, Hashimoto K, Niinobe M, Yoshikawa K and Sakanaka M.,Overexpression of SOCS3 inhibits astrogliogenesis and promotes maintenance of neural stem cells. J Neurochem. 98: 459-70, 2006
実績3
Zhang B, Hata R, Zhu P, Sato K, Wen TC, Yang L, Fujita H, Mitsuda N, Tanaka J, Samukawa K, Maeda N, and Sakanaka M. Prevention of ischemic neuronal death by intravenous infusion of a ginseng saponin, ginsenoside Rb(1), that upregulates Bcl-x(L) expression. J Cereb Blood Flow Metab, 26: 708-721, 2006

■ 器官・形態領域 機能組織学

〒791-0295 愛媛県東温市志津川

TEL 089-960-5236 FAX 089-960-5239

メールでのお問合せ

(必須)件名
(必須)お名前
ご住所
電話番号
(必須)E-mail
(必須)お問合せ内容

以上の内容でよろしければ、「内容を確認して送信」を押してください。

  • 確実に連絡を取るために、できるだけ、ご住所・電話番号のご記入をお願いいたします。
  • この内容は、講座担当者へ送信されます。
  • メール問い合わせから3日以上連絡が無い場合は、上記代表電話番号までご連絡ください。

このページのTOPへ