• TOP
  • 学部概要
  • 採用情報
  • 地域医師募集
  • 関連リンク
  • 問い合わせ

医学専攻・医学科

分子・機能領域
糖尿病内科学

スタッフ紹介

研究内容

 糖尿病内科学講座では,糖尿病を中心に肥満、メタボリックシンドローム,心血管病などの様々な疾患について、主に疫学に遺伝学的解析と分子生物学的解析を統合する手法により研究を進めています。
 これまで,糖尿病ならびにインスリン抵抗性関連遺伝子の転写調節機構と一塩基多型(single nucleotide polymorphism; SNP)の解析を主な研究テーマとしてきました。SNPについては,ゲノムワイド関連解析(Genome Wide Association Study; GWAS)や次世代シークエンサーを応用し、最新の統計学と遺伝疫学,分子生物学の手法を取り入れながら,in vitroでの機能,ヒトin vivoでの表現型への効果までを体系的に解析しています。現在の基盤となる成果としては、2004年に、2型糖尿病原因遺伝子として,インスリン抵抗性を惹起するサイトカインであるレジスチンのSNP-420を同定しました。一般住民において、血中レジスチンはC/C<C/G<G/G型の順に高く、G/G型の場合に、2型糖尿病発症リスクが約1.8倍に高まることを明らかにしました。更に、同SNP-420は環境(メチレーション)による修飾を受けること、SNP-358 と協調してレジスチン遺伝子の転写調節に関与すること、この調節機構は人種間で差を認めることを明らかにしました。
 現在は、一般住民約2500名を対象とした疫学研究である東温ゲノムスタディーにおいて、環境因子のレジスチンの遺伝子発現の調節機構への影響,ならびにレジスチンの病態生理的意義の分子機構、特に、糖尿病の新規発症にどのようにレジスチンが関連しているかについて、RNA seqやmicro RNA arrayなどの手法を用いて研究を進めております。
 今後も、ゲノム疫学に分子生物学的解析を統合する手法により、SNPやHLAと糖尿病の新規発症の関係を解明し、プレシジョンメディスンの確立を実現することを目標にしています。
 同時に、臨床研究としては、1型および2型糖尿病のゲノムワイド関連解析の共同研究に参画すると共に,新たな手法による糖尿病の成因解明を試みております。
 更に、愛媛県下の主要な糖尿病診療施設との共同研究である愛媛スタディ、県下の歯科医師との共同研究である愛媛Dental Diabetes研究会を展開しています。特に、愛媛スタディでは、劇症1型糖尿病の典型的な臨床症状、HLAとの関連、妊娠期の発症の可能性などを明らかにし、これらが日本糖尿病学会の劇症1型糖尿病ガイドラインに引用されています。
 このように、糖尿病内科学講座ではプレシジョンメディスンの確立を実現することを目標に、臨床に還元できる研究を推進しています。

主な実績(最新3件抜粋)

実績1
Clinical implication of blood glucose monitoring in general dental offices: the Ehime Dental Diabetes Study.
Harase T, Nishida W, Hamakawa T, Hino S, Shigematsu K, Kobayashi S, Sako H, Ito S, Murakami H, Nishida K, Inoue H, Fujisawa M, Yoshizu H, Kawamura R, Takata Y, Onuma H, Shimizu K, Hamakawa H, Osawa H.
BMJ Open Diabetes Res Care. 2015; 3(1): e000151.
実績2
A genome-wide association study of plasma resistin levels identified rs1423096 and rs10401670 as possible functional variants in the Japanese population.
Kawamura R, Tabara Y, Tsukada A, Igase M, Ohashi J, Yamada R, Takata Y, Kawamoto R, Saito I, Onuma H, Tanigawa T, Yamada K, Kato N, Ohyagi Y, Miki T, Kohara K, Osawa H.
Physiol Genomics. 2016; 48: 874-881.
実績3
Dual Effects of a RETN Single Nucleotide Polymorphism (SNP) at -420 on Plasma Resistin: Genotype and DNA Methylation.
Onuma H, Tabara Y, Kawamura R, Ohashi J, Nishida W, Takata Y, Ochi M, Nishimiya T, Ohyagi Y, Kawamoto R, Kohara K, Miki T, Osawa H.
J Clin Endocrinol Metab. 2017; 102: 884-892.

■ 分子・機能領域 糖尿病内科学

〒791-0295 愛媛県東温市志津川

TEL 089-960-5647 FAX 089-960-5627

メールでのお問合せ

(必須)件名
(必須)お名前
ご住所
電話番号
(必須)E-mail
(必須)お問合せ内容

以上の内容でよろしければ、「内容を確認して送信」を押してください。

  • 確実に連絡を取るために、できるだけ、ご住所・電話番号のご記入をお願いいたします。
  • この内容は、講座担当者へ送信されます。
  • メール問い合わせから3日以上連絡が無い場合は、上記代表電話番号までご連絡ください。

このページのTOPへ