• TOP
  • 学部概要
  • 採用情報
  • 地域医師募集
  • 関連リンク
  • 問い合わせ

医学専攻・医学科

社会・健康領域
疫学・予防医学

スタッフ紹介

研究内容

 疫学・予防医学講座では、病気の原因を調べています。疾患発症のリスク要因や予防要因を解明するため、複数の疫学研究を推進しています。
 妊婦さんから生まれた子を追跡するコーホート研究及び3歳児や小中学生を対象とした横断研究を実施し、アレルギー疾患や周産期うつ、出生時低体重、口腔疾患等のリスク要因を調べています。特発性パーキンソン病や潰瘍性大腸炎といった難病のリスク要因を調べるため、症例対照研究も実施しています。
 中高年の様々な疾患発症のリスク要因を調べる目的で、平成27年度より「愛大コーホート研究」を実施しています。
 ほとんどの疾患は多因子疾患です。様々なリスク要因が複雑に絡み合って疾患発症に影響しています。我々の疫学研究では、可能な限り網羅的にリスク要因の情報を得ており、喫煙や栄養、社会経済的要因などの環境要因と様々な疾患発症との関連を調べています。また、遺伝子多型と疾患リスクとの関連、さらには遺伝要因と環境要因の交互作用も調べております。
 エビデンスを蓄積し、根拠の明確な予防プログラムを確立したいと考えております。

 愛媛大学では、特色ある研究分野、先進的研究分野において優れた実績を有し、将来の発展が見込まれる研究者グループを組織として認定する「愛媛大学リサーチユニット制度」が平成27年度より創設されています。
 私どもの講座が主導する「アジアでトップクラスの拠点形成:疫学研究ユニット」が平成29年度より「愛媛大学リサーチユニット制度」に認定されました。
 我々のリサーチユニットのメンバーに限らず、愛媛大学大学院医学系研究科、愛媛大学医学部附属病院、さらには、愛媛大学全体の疫学のレベルアップに貢献したいと考えております。特に、公衆衛生の疫学の知識と理論に基づき、臨床における疫学研究を推進できる人材を育てたいと考えております。
 地域医療に従事する医師が地域で手がけることのできる医学研究として、疫学研究しかあり得ないと考えます。有能な医師というのは「根拠に基づく医療」を着実に実践するだけでなく、医学の発展に貢献するために根拠を自ら創出したいと考えます。地域であっても医学の発展に貢献できる「愛大コーホート研究」のような魅力的なデータベースがあれば、有能な医師を確保し、地域医療の活性化が期待できると考えます。

主な実績(最新3件抜粋)

実績1
Tanaka K, Miyake Y, Fukushima W, Kiyohara C, Sasaki S, Tsuboi Y, Oeda T, Shimada H, Kawamura N, Sakae N, Fukuyama H, Hirota Y, Nagai M, Nakamura Y, Fukuoka Kinki Parkinson’s Disease Study Group. Vitamin D receptor gene polymorphisms, smoking, and risk of sporadic Parkinson’s disease in Japan. Neurosci Lett. 2017; 643: 97-102.
実績2
Miyake Y, Tanaka K, Okubo H, Sasaki S, Furukawa S, Arakawa M. Manganese intake is inversely associated with depressive symptoms during pregnancy in Japan: Baseline data from the Kyushu Okinawa Maternal and Child Health Study. J Affect Disord. 2017; 211: 124-129.
実績3
Tanaka K, Miyake Y, Furukawa S, Arakawa M. Perinatal smoking exposure and behavioral problems in Japanese children aged 5 years: the Kyushu Okinawa Maternal and Child Health Study. Environ Res. 2016; 151: 383-388.

■ 社会・健康領域 疫学・予防医学

〒791-0295 愛媛県東温市志津川

TEL 089-960-5283 FAX 089-960-5284

メールでのお問合せ

(必須)件名
(必須)お名前
ご住所
電話番号
(必須)E-mail
(必須)お問合せ内容

以上の内容でよろしければ、「内容を確認して送信」を押してください。

  • 確実に連絡を取るために、できるだけ、ご住所・電話番号のご記入をお願いいたします。
  • この内容は、講座担当者へ送信されます。
  • メール問い合わせから3日以上連絡が無い場合は、上記代表電話番号までご連絡ください。

このページのTOPへ