最近の活動

「医科修了式・歯科修了式」を行いました

 平成25年度医科修了式を3月25日(火)、同じく平成25年度歯科修了式を3月26日(水)に、地域医療支援センター講義室にて行いました。
 医科34名、歯科3名が初期研修を修了し、4月より愛媛大学医学部附属病院をはじめとした新しい勤務先に行かれます。 これまでの研修で学んだことを活かして、ますますの活躍を期待しています。

 

「県外で学ぶ医学生のための臨床研修病院説明会」を開催しました

 県外の医学生のための臨床研修病院説明会を、3月23日(日)に地域医療支援センター講義室で開催しました。
 学生の皆さんには午前中に医学部内を見学して頂き、その後全員で昼食をとりながら歓談をしました。違う大学に通う多くの医学生の方に参加して頂き実りある時間になったと思います。
 午後からは、アイネットワークに登録している多数の臨床研修病院の担当者より各病院の研修プログラムや処遇についての説明をして頂きました。


「5年生のポリクリ打ち上げ会」を開催しました

 5年生のポリクリ終了にあわせて、学生と実習指導医・若手医師・研修医が集まるポリクリ打ち上げ会を行いました。
 年の近い先輩医師から、実際に研修をしてみた感想や、進路を決定する際に必要なことなど今後の参考にしてもらえる会になりました。
 この度の当会に賛同して協賛下さった各診療科の紹介をスライドと場内掲示でさせていただき、5年生の皆さんには様々な診療内容をより詳しく理解して頂けたようでした。
 今年で5回目の開催となりますが、毎年参加者が増えていてますます充実した会に成長しています。
日時 平成26年3月14日(金)19:00〜21:00
場所 松山全日空ホテル
(松山市一番町3-2-1)


腹腔鏡下手術トレーニングシミュレータLAPMentorに婦人科モジュールが追加されました!

 LAPMentorは、腹腔鏡下で外科的スキルの基本から実践的手術手技のトレーニングまでを安全かつ反復的に練習することができるシミュレータです。
 平成25年8月29日(木)婦人科手術モジュールを追加し、腹腔鏡下胆嚢摘出術・胃バイパス術・S状結腸切除術・子宮摘出術の訓練ができるようになりました。


「指導医講習会」を開催しました

 7月13日(土)14日(日)の2日間にわたり、愛媛大学医学部付属病院卒後臨床研修指導医講習会を行いました。今年で10回目となる指導医講習会には、愛媛大学をはじめたくさんの病院から38名の先生方が参加されました。
 ディレクター、タスクフォースの先生方のご協力のもと、高田臨床研修センター長がディレクター兼チーフタスクフォースとして講習会のまとめを行いました。2日間を通して、より良い研修を若手医師に提供するための講習会となりました。


「白衣授与式」に研修センターとして参加しました

 平成25年4月26日に、医学科新5年生を対象に白衣授与式を医学部臨床第一講義室で高田研修センター長が司会し執り行われました。臨床研修に繋がる実りのある病棟実習を期待し教授10名が個人個人の医学生に対し、各自のネームと大学のロゴマークの入った純白の白衣の着用を手伝いながら決意の握手と激励を行いました。


「第5回研修医のための輸液・栄養セミナー」を開催しました

 平成25年7月6日(土)午後2時30分から、「研修医のための輸液・栄養セミナー」をリジェール松山で開催いたしました。今年で5回目ですが、愛媛県内の1年目の研修医が多数(55名)参加し有意義な勉強会でした。
 高田清式センター長が総合司会を務め、栄養管理と経腸栄養法(藤崎智明松山赤十字病院内科部長)、経静脈栄養法(加賀城安松山市民病院外科部長)、術前術後の輸液管理(池宗啓蔵愛媛大学病院ICU副部長)、救急領域の輸液(高石和県立病院副院長)などのテーマで県内の研修主要病院の先生方に判りやすくご講義いただき、またエコーガイド下のCVC穿刺の実習も行いました(株式会社大塚製薬工場、日本コヴィディエン株式会社協力)。1年目の研修医にとって栄養・輸液管理を臨床現場で行いつつあるまさにタイムリーな企画であり今後も継続して愛媛県全体の研修の向上にさらに努めていきたいと思います。


高田センター長が雑誌に掲載されました

 高田センター長の記事がナレーション発行の「月刊インタビュー」に掲載されました。 「愛媛医療の現状を語る」というテーマのもと、愛媛県の医療についてや、総合臨床研修センターの業務や研修プログラムについてもわかりやすく説明しています。
 また高田センター長が兼任している地域医療支援センターの役割等についても、実際のシミュレータの写真とともに巻頭に掲載されました。


「平成25年度研修医オリエンテーション」を行いました

 平成25年度プログラムの医科研修医、歯科研修医によるオリエンテーションを4月1日〜4月5日の5日間行いました。
 愛媛大学医学部附属病院医科研修医と歯科研修医のほか、採血実習・縫合実習など今後直ぐに役立つ手技実習は県下多数の研修病院の研修医と合同でオリエンテーションを行うことにより、県内の研修医同士の親睦を深めながらの実習となります。

 放射線業務に携わるための必修講習、東温市消防署の署員の方々、救急部の指導医の先生方のご協力のもと、BLS実習も行いました。
 超音波ガイド下穿刺・高度救命蘇生シミュレーター・縫合シミュレーターの実習も行いました。

 5日間のオリエンテーションを通じて、これから医師としての第一歩を踏み出すための心身ともに充実した研修を行いました。共に医療現場に従事する仲間として、研修医の皆さんがこれから活躍されることを期待しています。


ページトップに戻る
医科研修医募集要項歯科研修医募集要項専門研修募集要項卒後臨床研修ネットワーク登録者募集要項
説明会・見学会のお知らせ研修プログラム専門研修プログラム研修連携病院研修医の声研修風景
施設紹介宿舎入居について事務局へのお問い合わせ担当医へのお問い合わせマドンナドクター
Copyright © 2005- EHIME UNIVERSITY HOSPITAL All Rights Reserved.