愛媛大学医学部附属病院 先端医療創生センター

部門紹介

バイオリソースユニット

スタッフ一覧

  • 今村健志(ユニット長)
  • 松下夏樹(非常勤)
  • 松下佐知(非常勤)
  • 北澤荘平
  • 大澤春彦

ユニット概要

バイオリソースユニットは、タンパク質解析、生体イメージング解析、モデル動物作製と生体機能解析のための新技術の開発にもとづいて、幅広い疾患領域を網羅した遺伝子/タンパク質材料、モデル動物、ヒト試料などの有用な研究資源とそれらの情報の共有を図り、バイオリソースを利用した疾患研究を支える基盤を整備して、トランスレーショナルリサーチの活性化と推進に貢献します。

研究紹介

  1. 生体機能解析部門で開発する遺伝子材料、プラスミドベクター、レンチウイルスベクター、RNA干渉にもとづく遺伝子ノックダウン技術をはじめとして、国内外のバイオリソースバンクが保有している遺伝子資源と遺伝子解析ツールとそれらを利用した研究成果のリソース情報を共有して有効活用できる環境を整備します。
  2. プロテオサイエンスセンターと連携して、無細胞タンパク質合成技術にもとづく疾患タンパク質ライブラリーとそれらを利用した研究成果のリソース情報を共有して有効に活用する環境を整備します。
  3. バイオイメージング部門と連携して、分子・生体イメージングのためのツールや技術情報とそれらを利用した研究成果のリソース情報を共有して有効に活用できる環境を整備します。
  4. 総合科学研究支援センターと連携して、愛媛大学が保有する実験動物リソースのほか、国内外のバイオリソースバンクが保有する遺伝子改変動物や疾患モデルなどの情報を有効活用できるプラットフォームを整備します。
  5. 先端医療創生センター各部門、医学系研究科、附属病院と連携して、ヒト試料とそれを用いた病態・病理解析の研究資源と研究成果を集約して、トランスレーショナル研究を支える情報基盤を整備します。