愛媛大学医学部附属病院 先端医療創生センター

部門紹介

免疫細胞医療部門

スタッフ一覧

  • 山下政克(部門長)
  • 桑原誠
  • 鈴木淳平

部門概要

免疫系は、体内に侵入してくる病原体などの異物や体内のがん細胞を取り除くことで、生体の恒常性を維持するためのシステムです。免疫システムには多くの細胞(免疫担当細胞)が関わっていますが、免疫システムの司令塔であるヘルパーT細胞が正常に機能することにより、免疫担当細胞が協調して働くことが可能となります。近年の免疫学のめざましい進歩により、様々な疾患にT細胞の機能異常が関与していることが明らかとなってきました。しかしながら、T細胞分化、機能そして記憶を制御するための方法論の確立はまだまだ発展途上にあります。そのため、T細胞分化・機能・記憶の制御法を確立し、基礎免疫学と臨床医学の橋渡しをする研究が強く求められています。
免疫細胞医療部門では、T細胞の分化・機能・記憶の制御法開発に取り組み、慢性炎症や感染症の治療、がん免疫細胞療法への応用を目指した研究をおこなっています。

免疫細胞医療部門が目指すトランスレーショナルリサーチ(TR)

研究紹介

(1) 制御性T細胞誘導による慢性炎症制御(桑原)

最近の研究から、ヘルパーT(Th)細胞の分化と細胞内代謝のリプログラミングが密接に関わっていることが明らかとなってきました。私たちは、特定の代謝酵素を低分子化合物で阻害することにより制御性T細胞分化を促進できることを見いだしました。この研究を発展させ、抗原特異的な免疫寛容を誘導する技術を確立することで、アレルギーや自己免疫疾患などの慢性炎症疾患の新規治療法の提唱を目指しています。

(2)アレルギー新規治療標的分子の同定(桑原)

私たちは、低分子化合物SH-2251の投与が、マウスアレルギー性気道炎症(喘息)モデルの病態を著しく改善すること、in vitro分化系において転写抑制因子Gfi1の発現制御を介して、アレルギーを誘導するTh2サブセットであるIL-5産生Th2細胞分化を選択的に抑制することを報告してきました(Suzuki et al. PLoS ONE 2013)。しかしながら、未だこの化合物の直接の標的分子は同定されていません。そこで、SH-2251の標的分子を同定する研究を進め、アレルギー治療ための新規治療戦略の提唱を目指します。

(3)T細胞老化・exhaustion抑制によるがん免疫・感染免疫の賦活化(鈴木)

がんや慢性感染症では、T細胞上に抑制性受容体が高発現することなどにより、局所的に免疫抑制状態が形成されると考えられています。さらに、持続的な抗原刺激がT細胞老化を引き起こし、細胞増殖能の低下を招くとともにsenescence-associated secretory phenotype (SASP)と呼ばれる炎症性因子の高発現が誘導されることで前炎症状態が形成され、病原体やがん細胞の排除が障害されます。私たちは、腫瘍抑制因子MeninがT細胞老化・exhaustionを抑制していることを見いだし、Menin欠損T細胞が、老化・exhaustionしたT細胞の良いモデルになることを報告しました(Kuwahara et al. Nat. Commun. 2014)。このシステムをスクリーニング系として用い、T細胞老化・exhaustionを抑制するための低分子化合物の同定、免疫細胞療法のための最適な(細胞老化が誘導されず、免疫記憶が長期間維持する)T細胞培養法の確立を目指します。