愛媛大学医学部附属病院 先端医療創生センター

業績・研究結果・年報

バイオイメージング部門

2016年度 業績・研究成果 (バイオイメージング部門)

2017.01.29

原著論文

  1. Shin Yamamoto, Yusuke Oshima, Takashi Saitou, Takao Watanabe, Teruki Miyake, Osamu Yoshida, Yoshio Tokumoto, Masanori Abe, Bunzo Matsuura, Yoichi Hiasa, Takeshi Imamura “Quantitative imaging of fibrotic and morphological changes in liver of non-alcoholic steatohepatitis (NASH) model mice by second harmonic generation (SHG) and auto-fluorescence (AF) imaging using two-photon excitation microscopy (TPEM),” Biochemistry and Biophysics Reports , 8, 277–283 (2016)
  2. Shuang Liu, Muhammad Novrizal Abdi Sahid, Erika Takemasa, Takeshi Kiyoi, Miyuki Kuno, Yusuke Oshima, Kazutaka Maeyama, “CRACM3 regulates the stability of non-excitable exocytotic vesicle fusion pores in a Ca2+-independent manner via molecular interaction with syntaxin4,” Scientific Reports 6, 28133 (2016)
  3. Kenji Ogura, Tadahiro Iimura, Yuji Makino, Ayano Sugie-Oya, Aya Takakura, Ryoko Takao-Kawabata, Toshinori Ishizuya, Keiji Moriyama, Akira Yamaguchi, “Short-term intermittent administration of parathyroid hormone facilitates osteogenesis by different mechanisms in cancellous and cortical bone,” Bone Reports, 5, 7–14 (2016)
  4. Takakura A, Lee JW, Hirano K, Isogai Y, Ishizuya T, and Takao-Kawabata R, Iimura T, “Administration frequency as well as dosage of PTH are associated with development of cortical porosity in ovariectomized rats,” Bone Research, in press

国内及び国際学会での招待講演

  1. Yusuke Oshima, Mayu Akehi, Yasumitsu Ishimaru, Hiroshi Kiyomatsu, Yuuki Imai, Tadahiro Iimura, Hiromasa Miura, “Changes in chemical composition of bone and cartilage matirix in animal disease models detected by Raman spectroscopy” Japan-Taiwan Medical Spectroscopy International Symposium, Awaji Yumebutai International Conference Center, 12/4-7 (12/6) 2016
  2. 今村健志「骨イメージングと顕微鏡開発」第31回日本整形外科学会基礎学術集会 2016年10月13日 福岡国際会議場
  3. 今村健志「先端的バイオイメージング技術の薬理的応用」第69回日本薬理学会西南部会 2,016年11月26日 松山大学
  4. 飯村忠浩「骨形成の超解像イメージング解析」第121回 日本解剖学会総会・全国学術集会シンポジウム6 石灰化研究の新展開 2016年3月28日 福島県郡山市 ビッグパレットふくしま
  5. 飯村忠浩「医理工融合研究センターにおける学際的研究の推進−異分野融合は異文化融合−」第70回 日本口腔科学会学術集会 第10回教育研修会「歯科医学の多様性 歯学からの情報発信」2016年4月16日 福岡市 福岡国際会議場
  6. 飯村忠浩「副甲状腺ホルモン:PTHの基礎生物医学-最近の知見から-」第 35 回長崎骨粗鬆症研究会 2016年6月29日 長崎市 長崎県医師会館
  7. 飯村忠浩「副甲状腺ホルモン:PTHの分子シグナルと薬理効果」第34回日本骨代謝学会学術集会 / 第3回アジア太平洋骨代謝学会議ランチョンセミナー2-2 2016年7月22日 大阪市 大阪国際会議場
  8. 飯村忠浩「マルチモーダル超解像法を用いた骨系細胞の機能解析」第58回 歯科基礎医学会学術大会メインシンポジウムA 「アプライドイメージング−先進イメージングによる生命医学のブレークスルー」2016年8月25日 札幌市 札幌コンベンションセンター
  9. 飯村忠浩「硬組織の形態・機能解析のための光学顕微鏡のマルチモードな活用法−微分干渉から先進レーザー顕微鏡の応用例−」第58回 歯科基礎医学会学術大会ランチョンセミナー 2016年8月25日 札幌市 札幌コンベンションセンター
  10. 飯村忠浩「超解像顕微鏡の生物医学応用「ここまで微細に,こんなに綺麗に見える!」”第57回 日本組織細胞化学会総会・学術集会共催ワークショップ「広がる超解像顕微鏡の世界」2016年9月4日 杏林大学 井の頭キャンパス

その他の特記事項

なし

部門紹介

  • バイオメカニクス部門
  • 分子医療部門
  • 再生・細胞治療部門
  • バイオイメージング部門
  • 生体 機能解析部門
  • 臨床イメージング部門
  • 免疫細胞医療部門
  • バイオリソースユニット
  • イメージングインフォマティクス支援ユニット
  • 疫学・医学統計推進ユニット