愛媛大学医学部附属病院 先端医療創生センター

業績・研究結果・年報

イメージングインフォマティクス支援ユニット

2016年度 業績・研究成果 (イメージングインフォマティクス支援ユニット)

2017.01.29

原著論文

  1. Shin Yamamoto, Yusuke Oshima, Takashi Saitou, Takao Watanabe, Teruki Miyake, Osamu Yoshida, Yoshio Tokumoto, Masanori Abe, Bunzo Matsuura, Yoichi Hiasa, Takeshi Imamura, “Quantitative imaging of fibrotic and morphological changes in liver of non-alcoholic steatohepatitis (NASH) model mice by second harmonic generation (SHG) and auto-fluorescence (AF) imaging using two-photon excitation microscopy (TPEM)”, Biochemistry and Bioohysics Reports, 8:277-283, 2016
  2. Takashi Saitou, Takeshi Imamura, “Quantitative imaging with Fucci and mathematics to uncover temporal dynamics of cell cycle progression”, Dev Growth Differ, 58:6-15, 2016

国内及び国際学会での招待講演

  1. 齋藤卓,“細胞周期ライブイメージングとゼブラフィッシュ形態形成の定量解析”,第68回日本細胞生物学会大会(2016/6/16, 京都テルサ)

その他の特記事項

なし

部門紹介

  • バイオメカニクス部門
  • 分子医療部門
  • 再生・細胞治療部門
  • バイオイメージング部門
  • 生体 機能解析部門
  • 臨床イメージング部門
  • 免疫細胞医療部門
  • バイオリソースユニット
  • イメージングインフォマティクス支援ユニット
  • 疫学・医学統計推進ユニット