• TOP
  • 学部概要
  • 採用情報
  • 地域医師募集
  • 関連リンク
  • 問い合わせ

医学専攻・医学科

ディプロマポリシー

医学部(医学科、看護学科)のディプロマポリシー(卒業時の到達目標)

1)知識・理解

 1-1)医療人としての専門分野の学問内容について知識を修得している。
 1-2)人間性や倫理観を裏付ける幅広い教養を身につけている。

2)思考・判断

 対象となる人の身体的・心理的・社会的な健康状態を科学的に評価し、情報の総合と適確な判断を行い、必要な行動を示すことができる。

3)興味・関心

 科学の進歩および社会の医療ニーズの変化に対応して、生涯を通して自らを高めることができる。

4)態度

 患者および住民の健康の維持・増進と健康障害からの回復に寄与するために、医療人として責任をもった行動をとることができる。

5)技能・表現

 5-1)基本的な医療行為を患者にも自らにも安全に実施することができる。
 5-2)患者・家族や保健・医療・福祉チームのメンバーと良好なコミュニケーションをとり、チームの一員としての役割を果たすことができる。

医学科のディプロマポリシー

1)知識・理解

 1-1)医師としての専門分野の学問内容の知識を修得している。
 1-2)自然科学にとどまらない医療人としての幅広い教養を身につけている。

2)思考・判断

 2-1)分子レベルから集団レベルまでの生命現象を解明する適切な方法を指摘し、明らかとなった現象を簡潔に表現して第三者に伝えることができる。
 2-2) 患者と家族の身体的・心理的・社会的な健康状態および疾病の状態を把握し、情報を総合することによる適確な判断に基づいて、必要な行動を示すことができる。

3)興味・関心

 3-1)社会の医療ニーズの変化に対応して、適切な方法で最新の医学知識や医療情報を収集・整理し、生涯を通して自らを高めることができる。

4)態度

 4-1)都市部から辺地までを包含する地域において、患者中心の医療の担い手となる医師として責任をもった行動をとることができる。
 4-2)医学の進歩のために基礎・社会医学と臨床医学との両面での研究が不可欠であることを認識し、自らも研究マインドをもって医療を行うことができる。

5)技能・表現

 5-1)基本的な医療行為を患者にも自らにも安全に実施することができる。
 5-2)患者・家族や保健・医療・福祉チームのメンバーと良好なコミュニケーション(簡単な英語によるものを含む)をとり、チームの一員としての役割を果たすことができる。

このページのTOPへ