• TOP
  • 学部概要
  • 採用情報
  • 地域医師募集
  • 関連リンク
  • 問い合わせ

医学専攻・医学科

概要

医学科では、基礎医学と臨床医学の分野で独自の教育・研究体制を保持しつつ、両者の枠を超えた緊密な協力体制で教育に取り組んでいます。

また、最先端医療の開拓とともに医学・医療の倫理についても教育活動を行っています。

医学科の教育カリキュラムの特徴は、良き社会人となるために必要な教養科目と同時に早期の専門教育が実施される点です。

入学後はまず基礎医学の根幹をなす「基礎医学展望」を受講します。この科目は高等学校で生物を十分に学んでいなかった学生に対する医学専門教育の橋渡しを行うものです。

2回生では基礎医学系科目を広く学び、3回生では臨床医学の基礎を、4回生では応用的な臨床医学各科目を学びます。

4回生の終わりには全国統一学力・技能試験である共用試験を受け、合格後は5回生から始まる臨床実習に参加します。6回生では長期にわたる卒業試験を受けますが、同時に国家試験の準備をすることになります。

これらの医師養成カリキュラムに加えて、医学・生命科学研究者の育成推進カリキュラムもあります。

このページのTOPへ