愛媛大学医学部 看護学科・愛媛大学大学院医学系研究科 看護学専攻

教育内容

看護学科概要

カリキュラムの特徴

「いのち・暮らし・尊厳をまもり支える看護」ができる看護職者の育成を目指し、教育カリキュラムは一貫して、その人らしい生活を支えることのできる人間性豊かな実践能力の高い看護職者を育てるため、教育理念に沿った体系的で独自性の高い内容となっています。社会や当看護学科で学ぶ学生のニーズを把握し、ゆとりのあるカリキュラム編成を行い、教養的領域、基礎的領域、専門的領域、総合的・発展的領域の4つの学問領域を段階的に学べます。特にフィールドワークやボランティア活動、また病院や施設、地域での臨地実習等人々と直接関わる体験を重視し、体験から学ぶ教育を強化した内容になっています。

i-report 医学部授業レポートはこちら

各学年で学ぶ内容

  1. 大学生としてのスタディスキルと看護の視点や基本的態度を学びます。
    城北キャンパスで開講される共通教育科目は多岐にわたり、必修科目や選択科目の履修を通じて幅広い教養を身に付けます。重信キャンパスでは「新入生セミナー」などの初年次科目や「人体構造学」、「看護学概論」といった専門基礎科目を学び、看護の対象である人間を総合的にとらえる視点を養います。看護実践の基礎となる「看護技術」は、学内演習を通して学び、入学後早い時期に病院見学や実際の患者さんと関わる附属病院実習も経験します。
  2. 看護実践の基礎となる方法論や疾患に関する学習がほぼ終了します。
    2年次から座学授業は、重信キャンパスのみになり、「薬効解析学」、「栄養学」などの専門基礎科目に加え、「内科・外科系の疾患学」や人の成長・発達段階に応じた看護の専門科目を学びます。1年次の学びを基に、基礎となる「看護技術」の演習時間も増えます。また、看護対象者を生活の場から捉える「在宅看護論」や「地域生活支援論」の授業も始まります。科学的な看護実践の基盤となる「看護過程」の学びを基に、2週間の附属病院実習で患者さんとの援助関係を形成し、患者さんの状況に応じた生活援助を実践します。
  3. 講義・学内演習による学習は前学期でほぼ終了し、後学期から本格的な臨地実習が開始されます!
    3年次では成人看護学、母性看護学、小児看護学、老年看護学、精神看護学、在宅看護論など、2年次から始まった専門科目をより深く学びます。また講義ではテーマに沿って仲間と意見を出し合い学んでいくグループワークが増えます。後学期からはいよいよ本格的な各論実習の始まりです。成人看護学実習、母性看護学実習、小児看護学実習、老年看護学実習の各領域を約3ヵ月間かけてローテーションします。3年次は保健師課程や養護教諭資格取得のための最終段階であり、また、4年次の実習や就職活動、国家試験に向けて、しっかりとした知識を蓄えていく重要な時期でもあります。
    将来、保健師として就職したい方は、3年次に実施される選抜試験に合格し、保健師課程を選択する必要があります。そこでは看護師課程に加えて、保健師課程に必要な11単位を取得することができ、看護師および保健師国家試験の受験資格が得られます。現在、1学年で約30名が保健師課程を選択し、地域の保健センター等で保健活動を学んでいます。
  4. 学習の統合と看護実践能力の強化
    前学期は「精神看護学実習」、「在宅看護論実習」、「公衆衛生看護学実習」および「在宅生活支援実習」など、主に看護の対象者が生活している地域での実習に取り組みます。さらに、臨床現場において多重課題やチーム医療、リーダーシップ等について学ぶ「統合実習」や医学科・薬学部の学生とともに学ぶ「合同学習」にも取り組みます。これまでの学びから得られた医療の問題点に着目し、探求して論文を作成する研究的素養を身につける「看護研究」や地域の方々の健康支援のための「健康フェア」の企画や運営も体験します。これらのカリキュラムを通じて、保健医療福祉の場で主体的に行動できる能力を養います。社会に巣立つ前の自分自身を見つめ直し、セルフケアマネジメント力を高めていく学年です。また、自分の最終進路を決定する時期でもあります。卒業年の2月には、看護師国家試験、保健師国家試験が実施されます。

カリキュラム

医学部看護学科の4年分のカリキュラムを見やすく図にしたものです。各科目が系統的に配置され、学びやすいカリキュラム構成になっています。

カリキュラムマップ

* 保健師国家試験受験資格取得希望者  ** 養護教諭一種免許状取得希望者

カリキュラム・アセスメント・チェックリスト

看護学科のカリキュラムが効果的なものになっているのを常に確認しています(カリキュラム・アセスメント)。この表はそのためのチェックリストです。「患者から学び患者に還元する」医療人を育成するために不断の努力を続けています。

チェックリストはこちら

保健師課程

~地域の健康のレベルアップが図れる保健師の育成!~

●自治体保健師への高い合格率

愛媛大学医学部看護学科卒業生は、愛媛県や県内市町をはじめ、関東、中国・四国地方、九州地方を中心に全国各地の自治体で保健師として活躍しています。卒業と同時に自治体や企業の保健師として就職でき、施策化能力や保健指導能力等、保健師としての力量を高めることができます。また看護師経験を何年か積んだのち、自身の生活設計に合わせて保健師として再就職することもできます。本校は自治体保健師への高い合格率を維持しています。

●幅広い知識と教養を備えたリーダーシップが発揮できる保健師の育成

最先端の医療現場での実習や人間性を重視した本学での教育を受けた卒業生は、地域の保健医療のリーダー的役割がとれる保健師になることが期待されています。患者さんや住民を支える専門職やボランティア等、地域の人々が連携し、それぞれがベストを尽くせるケアやケアの体制ができるように、医師等の医療職・看護職・教育職・福祉職等と協働し、住民と専門職を結ぶコーディネーターとしてリーダーシップを発揮しています。

●愛媛県内の自治体・保健所をフィールドにしたきめ細かな実習

平成27年度から、地域看護学実習は公衆衛生看護学実習と名称を変え、選択制になり、単位数を増やし、公衆衛生看護の実践力をつけることを目的に加えました。3~4人の少人数グループで県下の保健所・市町をフィールドに実習を行います。家庭訪問や健康教育、健康診査等の保健活動の実施だけでなく、住民へのインタビューや保健統計などを駆使して、課題を見出し、解決策を検討する地域看護診断の過程を現地の保健師さんや教員とともに辿ります。内容の凝縮した4週間ですが、実習後には、地域を愛する住民、住民から信頼される保健師さんに触れ、保健師活動の醍醐味を感じることができます。

●愛媛大学教育学部附属学校園や東温市との連携

4年生に行う公衆衛生看護学実習は、愛媛大学の附属学校園(幼稚園・小学校・中学校・高校・特別支援学校)や東温市内の小中学校と連携・協力を得て実施しています。地域の中にある学校として捉え、虐待の予防や心の問題、医療や介護の必要な児や発達障害児支援など様々な課題のある中、地域の学校とどのように連携をとっていくかなど、広い視点から学びます。

●保健師採用試験合格を全力でサポートします

自治体保健師採用試験の採用倍率は人気の自治体ほど高く、採用試験に合格するには、専門科目だけでなく教養科目や小論文・面接等、周到な準備が必要です。愛媛大学には、城北キャンパスに就職支援プログラムとして「公務員セミナー」「面接対策」「就職相談」等、多くのプログラムやインターンシップ研修制度が利用できます。看護学科においても過去の採用試験や採用情報からきめ細かな支援が受けられます。

養護教諭養成課程

~教育実践力・看護力を有する養護教諭の育成!~

●県内唯一の養護教諭養成課程!

愛媛大学医学部看護学科では、県内唯一の養護教諭養成課程(養護教諭一種免許状取得)を持ち、愛媛県内はもちろん、大阪、広島、山口、福岡などで、卒業生が養護教諭として活躍しています。4年次には、全員が教員採用試験を受験しますが、近年では合格者も増加しており、卒業後すぐに新人養護教諭として働くチャンスも広がっています。

●看護師資格を持つ養護教諭の養成

看護師の資格を持つ養護教諭は、①高いフィジカルアセスメント能力を有し、病気に対する症状や対応への具体的な説明ができる、②高いコミュニケーション能力、重傷者への冷静な判断、視診・問診などの高い専門的技術を有する、③豊富な看護知識を備えることで、教員・保護者・地域の方から信頼を得やすい、といったメリットがあります。

●教育実践力のある養護教諭の養成

愛媛大学全体で質の高い教員の育成を目指し,平成22年に教職総合センターが開設され、「愛媛大学教職課程のディプロマ・ポリシー」が策定されました。養護教諭の養成も、この教職課程のディプロマポリシーに基づき行われています。教職総合センターでは、学部を越えた教員間の連携・協働により、愛媛大学の教員養成の強化・充実を図り、さらに、現職教員研修などを通じた地域との連携の強化に取り組むことで、教育実践力のある教員を養成することを目的にしています。教職ポートフォリオの作成や、教職リフレクションデイ、教職実践演習は、教育学部の教員と連携・協働して行っており、4年間をとおして教育者としての能力が育成されるカリキュラムを提供しています。
愛媛大学教職総合センターHP

●愛媛大学教育学部附属学校園との連携

4年生に行う4週間の養護実習は、愛媛大学の附属学校園(幼稚園・小学校・中学校・高校・特別支援学校)と連携・協力を得て実施しています。小学校・中学校・高校での実習だけでなく、幼稚園や特別支援学校での一日実習を行い、すべての学校種における養護教諭の役割を学ぶ機会を設けています。また、できるだけ早期から学校現場での体験を積み重ねるために、附属学校園の協力を得て3年生後学期に「ふれあい実習」を行い、養護実習開始前から身体計測や保健指導、保健室経営などを現場の養護教諭から学び、実践力を高めています。

●教員採用試験合格を全力サポート

全国公立学校教員採用試験(養護教諭は)の採用倍率は約8倍と高く、採用試験に合格するには、周到な準備が必要です。愛媛大学には、城北キャンパスに「教職支援ルーム」があり、教職を志望する学生へ、以下の支援を全力で行っています。

  1. ①学校で使用されている教科書・教師用指導書、学習指導要領の解説書、教育ジャーナルなどの教育関係雑誌を所蔵しており、学生は自由に閲覧することができます。
  2. ②愛媛県内の各学校や教育施設からの依頼を受けて行う「地域連携実習」の紹介を行っています。
  3. ③教員採用試験を受験する学生への支援として、教員採用試験の過去問や『教員養成セミナー』などの月刊誌などを豊富にそろえており、学生は自由に閲覧することができます。また、教員採用試験に向けた学習についても積極的にサポートしており、学生に対するフォローアップ講座などを開催しています。

養護教諭を目指す学生も、教職支援ルームを積極的に活用し、教育学部や他学部の教員を目指す学生とともに、教員採用試験の合格を目指し日々努力しています。

Return TOP