愛媛大学医学部 看護学科・愛媛大学大学院医学系研究科 看護学専攻

看護学科概要

看護学科概要

専攻長・学科長挨拶

人生に寄り添う看護を…

看護は、様々な健康上の問題をもつ人々の生活を支える仕事です。生活とは、食事、排泄、睡眠など誰もが毎日繰り返している営みですが、同じようにみえる生活の中にも人それぞれの嗜好、大切にしているものや習慣があります。看護は対象となる人々の一人ひとり違う生活を支援することであり、看護を実践していくうえで大切なことは、生活の中にある人それぞれの思いや価値観に気づける力だと思います。気づく力は、決して天性のものではなく、どれだけ関心をもってその人に関われるかということと、関わりの中で体験したことからいかに学ぼうとするかという姿勢によって育まれます。看護という職業は、病むことや老いること死ぬことといった人の辛い体験に向かいあう責任の重い仕事ですが、自ら気づき考えた看護実践がその人に良い影響を及ぼすことができたら、それはかけがえのない喜びであり看護の力を感じる経験になります。こうした経験を重ねることが、困難な状況でも看護を続けていける、学び続けられる動機づけになると考えます。本学科では学生がこのような経験を重ねることを支援し、看護実践の中から主体的に学び続ける看護師を育成することを目標に教育に取り組んでいます。

また、看護職を取り巻く環境は、疾病構造や保健医療制度の変遷によって大きく変わってきています。活躍の場は、地域へと広がり、より専門性の高い看護が求められています。どのような環境にあっても看護の本質を見失わず、対象となる人々の健康な生活を守るために看護職として何をすべきか考え、共に働くチームメンバーや多職種に自分の考えを適切に伝えていく力をもった看護師の育成が大切であると考えます。本学科・専攻科では、平成6年の学科開設以来多くの卒業・修了を輩出しております。これらの地域で活躍する実践家の協力を得て、高い看護実践力と研究マインドをもった看護職の育成にも努めております。

愛媛大学での学びが、生涯にわたる看護職としてのアイデンティティの形成に役立つことを心から願っております。

概要

本学科は、医学・医療の高度化、急速な技術革新、疾病構造の多様化および人口の高齢化に対応しながら、健康の管理と増進に寄与できる看護・保健の専門職の育成を目的に設置されました。

豊かな素養と人を思いやる情操、生命科学の基礎的知識と健康科学の総合的知識、科学的方法論による看護実践力と研究能力、人々の健康な生活の維持と質的向上を助け、病める人々の生への努力を全人的に支援できる人材の育成を目指しています。

1回生では、共通教育科目と同時に、専門基礎科目を履修します。1回生後期からは基礎看護学実習、3回生後期からは看護学臨地実習がさまざまな施設で実施されます。卒業生には看護師国家試験および保健師国家試験(選択制)の受験資格が与えられます。

教育理念・目標

医学部創設時から培われてきた「患者から学び、患者に還元する教育・研究・医療」を基盤に、人間そのものを、自然、社会、生活環境との関係においてとらえ、個人あるいは集団に有用且つ効果的な看護の理論と方法論を発展させていくことにあります。

この理念に向かって、豊かな素養と人を思いやる情操を育み、人々の健康な生活の維持と質的向上を助け、病める人々の生への努力を全人的に支援する看護・保健の専門職を育成することを目的にしています。

本学の卒業生に期待されている人間像として、次のような要件が備わるよう教育することを目標としています。

  1. 自然、社会、文化等に関する教養を備え、広い視野から人間を理解できること。
  2. 環境の変化に対応した多様な生命現象を直視し、洞察できること。
  3. 健康に関する科学的な査定と、それを評価する能力を有し、健康の維持・増進・回復に適切な助言と指導ができること。
  4. 人々の身体的、心理的及び社会的欲求を的確に判断し、状況に応じた適切な看護ケアを提供できること。
  5. 問題意識と向上心をもち、それを解決するための理論的思考と科学的判断ができること。
  6. 専門分野において、調整能力と管理能力を発揮できること。
学科の構成と教育方針
二大講座制

地域健康システム看護学
基盤・実践看護学

講義においては、知識や方法論の一方向的な論述を避け、学生が積極的に学問的好奇心をもって参加できるよう配慮し、個人あるいは小集団による課題学習を多く取り入れ、問題を解決できる能力を養うことに重点を置いています。

演習および実習においても、学生自身が体験を通じて知識や技術を習得することを基本方針とし、科学的な手続きと論理的な方法を学ぶとともに学生間の協調性や指導性を養います。

また、地域住民や高齢者の方々、患者の皆様方を対象として実習を実施させていただく際には、特に倫理的側面に留意するよう指導しています。

地域健康システム看護学
医療や介護が必要になっても住み慣れた地域や自宅で自分らしく暮らし続けることは、誰もが願うことです。この願いが叶う社会を構築すべく、医療や介護に関わる様々な制度改革が進められており、看護職の活躍の場も病院から地域へと広がっています。地域健康システム看護学講座では、人々の生活を支援する専門職として、地域にある資源を活用し多様な専門職と連携することで、住み慣れた地域でその人が望む生活を実現するための看護実践能力を養成しています。そして、対象となるその人の思いに添う看護の原点を大切に、変遷する社会の中で、これからの看護職の姿を学生と一緒に描いていきたいと考えています。
基盤・実践看護学
この講座は基礎看護学、成人看護学、小児看護学と母性看護学で構成されています。全ての看護実践の基盤となる看護の見方や考え方、看護方法や看護技術に関する教育・研究を行うのが基礎看護学です。人の成人期を対象に、疾病や治療方法に関する知識や急性期から慢性期、終末期といった様々な健康状態にある人の看護について教育・研究するのが成人看護学、子どもと家族を対象に、健全な成長発達の支援とその過程で生じる健康問題を解決する援助方法について教育・研究するのが小児看護学です。女性の健康という視点で、妊娠・分娩・産褥期にある女性と胎児及び新生児の特性や心身の変化を理解した援助について教育・研究するのが母性看護学です。

沿革

平成6年4月1日 医学部看護学科設置(定員60人)
4月25日 看護学科入学式(1期生)挙行
6月21日 看護学科開設記念式典挙行
平成7年4月1日 看護学科3講座(基礎看護学、臨床看護学、地域、老人看護学)設置
平成8年3月29日 看護学科校舎第1期工事竣工
4月1日 看護学科3年次編入学定員増(10人)
平成9年3月27日 看護学科校舎第2期工事竣工
6月16日 看護学科校舎竣工記念式典挙行
平成10年4月1日 大学院医学系研究科看護学専攻(修士課程)設置(入学定員16人)
4月27日 大学院医学系研究科(看護学専攻)入学式挙行
平成16年6月12日 看護学科創立10周年記念式典挙行
平成26年4月1日 看護学科創立20周年
平成27年4月1日 看護学科2講座制(地域健康システム看護学、基盤・実践看護学)に改編
5月1日 医学部附属看護実践教育研究サポートセンター設置

取得資格・免許

(平成26年1月1日現在)

Return TOP