愛媛大学医学部 看護学科・愛媛大学大学院医学系研究科 看護学専攻

CNS(専門看護師)

CNS(専門看護師)

専門看護師養成課程について

本学では平成28年度から、老年看護専門看護師養成プログラムを開講いたします。専門看護師養成プログラムでは、複雑で多様な健康問題をもつ高齢者とその家族が尊厳のある質の高い生活を送れるよう、疾病や治療を含めた多角的なアセスメントを行い、高度な看護実践が行える能力を修得します。さらに、専門看護師として、教育・相談・調整・倫理調整の機能を学びます。

授業では、高齢者看護に活用できる理論や概念について学習するとともに、現場で生じる複雑で解決が困難な事例に関するアセスメントや援助技術について、高度な実践を行っている看護師に授業に参加してもらい、実践に即した看護について学ぶ機会を多く設けています。さらに、先駆的な取り組みをしている地域や施設で活躍している看護師等を講師に招き、地域に密着した学習ができるように配慮しています。

専門看護師(Certified Nurse Specialist:CNS)とは

対象者のクオリティ・オブ・ライフの向上を目的として、個人、家族、および集団に対して、ケアとキュアの統合による高度な看護学の知識・技術を駆使して、疾病の予防及び治療・療養・生活過程の全般を統合・管理し、卓越した看護ケアを提供する者です。総合的な判断力と組織的な問題解決能力を持って専門領域における新しい課題に挑戦し、現場のみならず教育や政策への課題にも反映できる開発的役割がとれる変革推進者として機能することが求められています。

専門看護師の役割

  1. ①実践:個人、家族及び集団に対して卓越した看護を実践する。
  2. ②相談:看護者を含むケア提供者に対しコンサルテーションを行う。
  3. ③調整:必要なケアが円滑に行われるために、保健医療福祉に携わる人々の間のコーディネーションを行う。
  4. ④倫理調整:個人、家族及び集団の権利を守るために、倫理的な問題や葛藤の解決をはかる。
  5. ⑤教育:看護者に対しケアを向上させるため教育的役割を果たす。
  6. ⑥研究:専門知識及び技術の向上並びに開発をはかるために実践の場における研究活動を行う。

専門看護師になるための条件

  • 看護系大学大学院修士課程修了者で日本看護系大学協議会が定める専門看護師教育課程基準の所定の単位(総計38単位あるいは26単位)を取得していること。
  • 実務研修が通算5年以上あり、うち3年間は専門分野の実務研修であること。
  • 日本看護協会の認定審査を受け、認定されること。

日本看護協会のサイトはこちら >

カリキュラムの概要について

1)老人看護専門看護師養成プログラム及び履修方法
科目 科目名 単位数 必須単位
専門分野基礎科目 高齢者看護学特論Ⅰ 2 10 14単位
高齢者看護学特論Ⅱ 2
高齢者病態治療論 2
高齢者生活援助論 2
高齢者支援システム論 2
専門分野専門科目 高齢者看護学特別演習Ⅰ 2 4
高齢者看護学特別演習Ⅱ 2
実習科目 高齢者実践看護実習Ⅰ 4 10 10単位
高齢者実践看護実習Ⅱ 6
課題研究 2 2 2単位
共通科目A 看護教育論 2 8 14単位
看護管理論 2
看護理論 2
看護研究方法論 2
コンサルテーション論 2
看護倫理 2
看護政策論 2
共通科目B 臨床薬理学 2 6
フィジカルアセスメント
2
病態生理学 2
合計 40単位
  1. ①履修単位は、40単位以上(実習10単位以上を含む)とする。
  2. ②専門分野基礎科目5科目(10単位)及び専門分野専門科目2科目(4単位)を必修する。
  3. ③共通科目Aから4科目(8単位)以上を選択必修する。
  4. ④共通科目Bの3科目(6単位)を必修する。
2)修了要件

看護系大学院修士課程修了者で日本看護系大学協議会が定める専門看護師養成プログラムの所定の単位(38単位)を取得し、実務研修が通算5年以上(うち3年間は専門分野の実務研修であること)あれば、専門看護師受験資格が取得できます。

Return TOP