愛媛大学医学部 看護学科・愛媛大学大学院医学系研究科 看護学専攻

働きながら学びたい人へ

働きながら学びたい人へ

大学卒業資格がなくても受験可能

専門学校や短期大学卒業者の方も、個別の入学資格審査を受けることで、本研究科を受験することが可能です。実際に専門学校や短期大学を卒業した方で、本研究科で看護学修士の学位を取得し、様々な現場で活躍されている修了生が多くいらっしゃいます。
出願資格の確認及び認定方法に関する詳細は、入試要項(大学院)でご確認ください。

長期履修制度を利用し、自分のペースで修学可能

入学時に申請が必要となりますが、最大で3年間、修士課程で学ぶことができます。仕事の都合などで、2年で修了することが困難であると最初から予想できる場合、自分のペースで計画的に学ぶことができます。
学費は、修士課程2年分の総額を3で割った額となりますので、長期在籍により、学費が余分に必要となることはありません。
長期履修制度の詳細は愛媛大学大学院医学系研究科入試係
TEL:(089)960-5868またはmgakumu@stu.ehime-u.ac.jpにお問い合わせください。

離職することなく修学が可能

本研究科では、大学院での履修を希望する社会人に対して、本研究科が認めた場合、教育方法の特例による教育を行っています。働きながら修学することで、現職の実践の場で研究のためのデータ収集を行い、研究活動を実施することが可能になります。多くの授業が平日の夜間や土曜日・日曜日、夏季・冬季等の休業期間中に開講されており、多くの院生が働きながら進学しています。
ここでは、現職で働きながら看護学修士の学位を取得したAさん、長期履修制度を利用しているBさんの履修スケジュールを紹介します。

病院で働きながら2年間で学位を取得したAさんの場合 (大学院1年生前期時の時間割)
病院で働きながら3年間で学位を取得したBさんの場合 (大学院1年生前期時の時間割)
Return TOP