愛媛大学医学部 看護学科・愛媛大学大学院医学系研究科 看護学専攻

看護実践教育研究サポートセンター

センター長挨拶

愛媛大学医学部附属看護実践
教育研究サポートセンター センター長  谷向 知

愛媛県の保健医療は、高齢化・慢性疾患患者の増加・高度医療の要請、医療専門職の偏在などが依然として課題となっています。当センターは、地域に開かれた看護学教育・研究の拠点として教育研究・社会貢献活動を行い、その成果を還元することで地域の保健医療福祉の向上に寄与するため、平成27年5月1日に設置されました。
愛媛県では、平成24年から2年間の愛媛県高度看護力開発事業の研修に参加した県下の看護職が臨床応用力を付け、チーム医療での核となり、自施設の課題に取り組んで来た経緯があります。これに続き、ひとりでも多くの優れた看護職の育成と個々のキャリアを大切にしていくことが、今後の愛媛県における保健医療福祉への貢献につながると考えています。
しかし、各施設から愛媛大学医学部に依頼された研究指導や事例検討に対しては、看護学専攻教員個々が対応していたのが現状であり、支援ニーズに合わせたリソースに繋ぐ体制は構築されていませんでした。保健医療は看護と互いに密接に繫がる領域であり、医学部のセンターとして看護を学際的に捉え、センターの各機能を稼働して有効な戦略が見いだせるような協力体制をしいていきたいと考えます。

そこで当センターの目的として、愛媛県内で従事する看護職者との相互交流を図り、研究サポートと看護実践教育の両機能を持ちながら、県内の保健医療機関や福祉施設と大学間の連携を深めることを目指します。具体的には、多忙な現場で勤務されている看護職者の方々が、効率的に研究プロセスを学べる体制づくりと、研究シーズ毎の指導につとめると同時に、研究に留まらず看護実践教育に貢献できる研修体制についても計画していきます。研究サポートと看護実践教育両面において経時的に共有できるような情報発信も視野に入れ、センターを運営します。

最後になりましたが、愛媛県の看護の質的向上を目指すとともに、我々大学教員の研鑽の場となるべく、互いが発展できるような体制をつくりたいと考えています。
皆様には、当センターに関心をお持ちいただき、ご協力をいただければ幸いです。当センターがさらに成長するためにも、忌憚のないご要望を頂戴しながら発展的に活動を進めていければ幸いです。

医学部長挨拶

愛媛大学大学院医学系
研究科長・医学部長
満田 憲昭

愛媛大学医学部では、愛媛県内の地域包括医療・看護を担うことのできる人材育成や看護実践の質の向上に貢献することを目的として、平成27年5月に看護実践教育研究サポートセンターを設置しました。当センターは、地元愛媛に根ざし地域に開かれたセンターとして、愛媛県内の看護水準の向上に貢献することに努めます。県内の医療現場で活躍されている看護職の方々に対して大学が研究指導をするための窓口になるとともに、看護実践に関する教育や研修も実施していきます。

愛媛県内の医療関係者の皆様に、せひ当センターを御利用いただければ幸甚です。

センターの理念

地域に開かれた看護学教育・研究の拠点として教育研究・社会貢献活動を行い、その成果を還元することで地域の保健医療福祉の向上に寄与することを理念としています。

センターの目的

愛媛県内で従事する看護職者との相互交流を図り、研究サポートと看護実践教育の両機能を持ちながら、県内の保健医療機関や福祉施設と大学間の連携を深めることを目的としています。

センターの目標

  1. 愛媛県内の看護職者が効率的に研究プロセスを学べる体制づくりと研究シーズ毎の指導を実施します。
  2. 看護実践教育に貢献できる研修体制を計画し、実施します。
  3. 研究サポートと看護実践教育両面において経時的に共有できるような情報発信を行い、円滑なセンター運営につとめます。

医学部附属看護実践教育研究サポートセンター運営のフロー図

医学部附属看護実践教育研究サポートセンター運営のフロー図

センターの所掌業務

1. 研究サポート部門
本部門では、看護研究に関する教育、指導、研究の支援、ならびにコンサルテーションを行います。質的研究、臨床研究、あるいは疫学研究のエキスパートが、看護専門職者のそれぞれのニーズに対応した研究サポートを行います。さらに、研究遂行にかかる研究計画書の作成や倫理的配慮、あるいは統計解析等、看護研究の質の向上に取り組んでいきます。
研究サポートの方法としては、集団指導(統計学の勉強会等)、グループ指導(少人数の研究グループへの指導)、個別指導(研究者個人へのコンサルテーション)ができます。アンケートの作成、入力、分析など技術的な指導も致しますので、現場でお困りのことがありましたらご相談ください。
2.実践教育研修部門
現在準備中
3.広報(情報発信)部門
本部門では、研修案内やセンターの活動状況など、様々なお知らせの発信やセンターニュースの発行を行います。そして、愛媛県の看護職者の方々と当センターが連携を深め、相互交流が一層活発となるよう、タイムリーな情報発信に努めます。ぜひ時々当センターのホームページをご覧ください。

教員紹介

センター員構成
センター長 谷向 知(教授)
センター員 斉藤 功(教授)
センター員 﨑山 貴代(教授)
センター員 寺尾 奈歩子(助教)
センター員 片上 貴久美(助教)
オブザーバー 陶山 啓子(教授)

各教員の詳細は以下よりご覧ください。

お申し込み

地域包括医療・看護を担う人材育成や看護教育・研究指導について、教育プログラム・研究指導プログラムをご希望の方は、
以下のボタンより「お申し込みフォーム(PDF)」をダウンロードし、必要事項をご記入(ご入力)の上、
nsupport@m.ehime-u.ac.jp までお申込みフォーム(PDF)を添付してお送りください。又はFAXにて下記番号までお送りください。

※「お申し込みフォーム(PDF)」は、パソコンにて入力できるフォーマットとなっております。
※個人情報の取り扱いについてはこちらをご覧ください。

FAX:089-960-5423

センターニュース

みなさまに、よりセンターの活動について知っていただきたく、センターニュースを発行しています。過去のバックナンバーも掲載しておりますので、あわせてご覧ください。

Return TOP