老年・神経・総合診療内科学-愛媛大学医学部医学系研究科

愛媛大学医学部

愛媛大学医学部日本神経学会教育施設
日本脳卒中学会認定研修教育病院
日本老年医学会認定施設
日本認知症学会専門医教育施設

老年・神経・総合診療内科学講座

教授    大八木 保政
教授    伊賀瀬 道也(抗加齢医学(新田ゼラチン)寄付講座)
准教授   越智 博文(外来医長)
講師    越智 雅之(病棟医長)
助教    三浦史郎
特任講師  岡田 陽子
助教    松本 清香
助教    武井 聡子
医員    明地 雄司(内科専攻医)

技術補佐  平岡 千夏
秘書    岡部 真美

非常勤講師 古谷 博和(高知大学医学部 神経内科学 教授)


教授
大八木 保政Yasumasa Ohyagi
所属学会日本内科学会、日本神経学会、日本老年医学会、日本認知症学会、日本脳卒中学会、日本神経治療学会、日本神経免疫学会、日本自律神経学会、米国Society for Neuroscience
専門医神経内科専門医・指導医、認知症専門医・指導医
コメント

診療は中枢・末梢・免疫などの神経内科全般で、特に認知症などの脳神経変性疾患がメインです。神経内科には、脳卒中・脳炎・脳症・てんかん重積など救急疾患、多発性硬化症・視神経脊髄炎・重症筋無力症・炎症性ニューロパチーなどの免疫内科的疾患、認知症・パーキンソニズムなど大脳変性疾患、筋萎縮性硬化症・筋ジストロフィー症・遺伝性疾患など多彩な疾患があり、総合病院から地域病院、在宅医療まで幅広い医療に貢献します。また、脳波・筋電図・誘発電位・脳磁図などの神経生理学や、中枢神経・末梢神経・筋肉の神経病理学などの関連学問領域があり、基礎的・臨床的研究領域は広大で、自分のフロンティア分野を切り開けます。女性医師については、出産・子育てなどのライフステージに応じた勤務先・勤務スタイルを支援します。私の目標は「来る人は夢を、去る人は誇りを」持てる自由闊達(出入り自由)な教室の構築です。夢を語りたい方、気軽にご来訪ください。


教授のご挨拶・プロフィールへ >
教授 院内広報誌より
教授(抗加齢・予防医療センター長)
伊賀瀬 道也Michiya Igase
所属学会日本内科学会、日本老年医学会、日本循環器学会、日本高血圧学会、日本抗加齢医学会、日本脳卒中学会、日本脳ドック学会
専門医老年病専門医、循環器学会専門医、高血圧学会専門医、抗加齢医学学会専門医
コメント

私は愛媛大学を1991年に卒業し、日和田邦男教授の主催する第二内科学講座(現在の循環器・呼吸器・腎高血圧内科学講座)に入局致しました。愛媛大学病院および公立学校共済組合近畿中央病院(故・国府達郎院長)における循環器内科研修医時代にはPCIのトレーニングを受け、愛媛大学大学院に進んでからはPCI(現在のPOBA)後の再狭窄予防に関する基礎研究を行いました。

1999年に大学院を卒業すると同時に三木哲郎教授の主催する老年医学講座(現在の老年神経総合診療内科学講座)に助教として採用され、老年科病棟の立ち上げに携わりました。教育では愛媛大学におけるOSCE(Objective Structured Clinical Examination:客観的臨床能力試験)の立上げにも携わり2003年の海外留学までOSCEの実務を担当しました。

2003年7月から2005年2月までは米国ノースカロライナ州にあるウェイクフォレスト大学医学部高血圧血管病センターに留学し、レニン-アンジオテンシン系の新たなアームであるACE2-Angiotensin 1-7系に関して世界的な権威であるカルロス・フェラリオ教授に師事し、当時降圧薬として発売間近であったARB(アンジオテンシン受容体拮抗薬)オルメサルタンの動脈硬化抑制作用についてACE2-Angiotensin1-7系を絡めて研究を行いました。

2005年2月に帰国した後は、講師として現在の中心的な仕事である抗加齢(アンチエイジング)医学研究を行う「抗加齢センター(現在の抗加齢予防医療センター)」の立上げに初代センター長の三木哲郎先生とともに携わりました。ここでは動脈硬化度評価に特化した人間ドックである「抗加齢ドック」を行うとともに、老年医学の大きな目標である健康寿命の延伸のため「脳卒中予防」「認知症予防」「フレイル・サルコペニア予防」などをキーワードに抗加齢ドックのデータおよび関連病院のデータを用いて臨床研究を行っています。

2011年に抗加齢予防医療センターの三代目センター長を拝命した後は、新たな展開としてこれまで二代目センター長の小原克彦先生が中心に行ってきた横断研究の成果をもとに、食品・サプリメントを用いた臨床研究も開始しました。

すでに動脈硬化改善作用を有する低分子コラーゲンペプチドを含有する「ほっとコラーゲンレモンジンジャー味」(ニッタバイオラボ)」、インフルエンザの予防効果が確かめられた国産クロモジエキスを配合した「養命酒製造のど飴(養命酒製造)」、認知機能維持効果が確かめられたオーラプテンを含有する「POMアシタノカラダ河内晩柑ジュース(えひめ飲料)」の3つの製品が上梓されています。

この度2019年4月に設置された「抗加齢医学講座」の教授に就任いたしました。本講座は大阪に本社のある東証一部上場企業「新田ゼラチン株式会社」の寄附講座として発足しました。新しい講座においてもこれまで同様に、高齢者の健康寿命の延伸をめざして邁進してまいります。

伊賀瀬先生
准教授(外来医長)
越智 博文Hirofumi Ochi
所属学会日本内科学会、日本神経学会、日本神経免疫学会、日本神経治療学会、日本脳卒中学会、日本認知症学会
専門医神経内科専門医
コメント

診療では広く神経内科一般を扱いますが、特に、多発性硬化症や視神経脊髄炎をはじめとした免疫性神経疾患の診断・治療に力を入れています。すべての神経内科疾患に共通しますが、特にこの領域では、患者の予後が診療医の力量に左右されることが少なくありません。標準以上の診療レベルを目指していきたいと思っています。研究では、多発性硬化症の免疫病態の解明に関連した研究を行っています。神経免疫に興味がある方は大歓迎です。

講師(病棟医長)
越智 雅之Masayuki Ochi
所属学会日本内科学会、日本神経学会、日本老年医学会、日本神経免疫学会、日本神経治療学会
専門医総合内科専門医、神経内科専門医、老年病専門医
コメント

神経内科、老年内科の考え方をもとに患者様を総合的に診療できるよう心掛けています。診療面では神経内科一般や認知症疾患医療センターの一員として認知症が疑われ紹介された患者様の診断・治療などを行っています。高齢者の脆弱性(フレイル)から生じる様々な問題に対して医療資源、社会資源を適切に利用し療養生活が快適に送れるようサポートさせていただくことを心がけています。研究面ではサルコペニア、フレイルに関するバイオマーカーの研究を中心に行っています。

越智雅之先生 編集
助教
三浦 史郎Miura Shiro
所属学会日本内科学会、日本神経学会、日本人類遺伝学会、European Society of Human Genetics
専門医総合内科専門医・指導医、神経内科専門医・指導医
コメント

兵庫県宝塚市立売布小学校出身、私立奈良学園高校卒業。2002年3月31日で松山赤十字病院を退職して以来、17年ぶりに愛媛県に戻ってまいりました。神経内科は扱う疾患数が多く、レアなものもかなりあるため、まずは広く・浅く学んでいく必要があります(もちろん深く学べれば言うことなしですが)。当医局では、神経変性疾患・神経免疫疾患・内科疾患に伴う神経疾患・加齢に伴う神経疾患・脳血管性疾患のspecialistが揃っており、学ぶ環境が整っております。どういう方面であれ神経内科に興味のある方はぜひ当医局の門をたたいてみてください。自分自身は、遺伝病の研究がしたいという単純な考えで医学部に入学し、卒業後は遺伝病が多そう、未知の神経変性疾患がありそう、という理由で神経内科の道を進みました。愛媛県の神経内科医数の少なさからすると、愛媛県には埋もれたままの遺伝性神経疾患患者が多数存在すると推測されます。そうした方々の診断をきちんとつけるところからやっていきたいと思います。

三浦史朗先生2
特任講師
岡田 陽子Yoko Okada
所属学会日本内科学会、日本神経学会、日本老年医学会、日本脳卒中学会、日本脳神経超音波学会、日本栓子検出と治療学会
専門医神経内科専門医、脳卒中学会専門医、脳神経超音波検査士、脳神経超音波学会評議員
コメント

主な専門分野は脳血管障害です.2003年に愛媛大学医学部を卒業し, 2006年から2年間,川崎医科大学附属病院の脳卒中センターで脳卒中急性期診療を中心に研修を行い.2010年から愛媛大学医学部附属病院に戻りました.現在は医局のサポートの元,二人の子供を育てながら,抗加齢予防医療センターの手伝いを中心に,診療を行っています.

脳血管障害は,急性期からリハビリ,予防までと裾野の広い分野で,近年治療の進歩も大きく,やりがいのある領域です.患者さんの所見を大切にする神経内科医としての視点を持ちつつ,迅速な対応を心がけ,今後も診療にあたっていきたいと考えています.

岡田
医員
松本 清香Sayaka Matsumoto
所属学会日本内科学会、日本神経学会
コメント

未熟なりに頑張っていきます。よろしくお願いします。

助教
武井 聡子Satoko Takei
所属学会日本内科学会、日本神経学会
コメント

現在、神経内科医及び大学院生として病棟業務や研究を行っています。医局は一人一人の意見が尊重されるような自由で穏やかな雰囲気です。神経疾患では緊急性のある疾患から長いつきあいとなっていく疾患まで多岐に渡りますが、患者さんや疾患に合わせて丁寧に対応していきたいと思います。よろしくお願いします!

医員
明地 雄司Yuji Akechi
所属学会日本内科学会,日本神経学会
コメント

福井大学医学部を卒業し、地元の愛媛に戻ってきました。市中病院で初期研修後、当科に入局しました。主に病棟業務を行い、週に2回半日ずつの外勤をしています。一人一人の患者さんを丁寧に診療しながら内科専門医・神経内科専門医を目指したいと思います。また、NPO法人筋強直性ジストロフィー患者会の副理事長として、筋強直性ジストロフィーの患者さんの力になりたいと思います。よろしくお願いいたします。

明地雄司先生
技術補佐
平岡 千夏Chinatsu Hiraoka
コメント

動物が好きです。奈良公園のホンシュウジカ、とべ動物園のキュウシュウジカ、安佐動物公園のキョン、王子動物園のシタツンガなどが好きですが、今気になっているのは神戸どうぶつ王国のアキシスジカです。

秘書
岡部 真美Mami Okabe
コメント

医局秘書をしています。何かありましたらお気軽に連絡下さい。宜しくお願いします。

連携施設

愛媛県立中央病院 松山赤十字病院
  • 日本内科学会教育病院
  • 日本神経学会教育施設
  • 日本脳卒中学会認定研修教育病院
  • 日本老年医学会認定施設
  • 日本認知症学会専門医教育施設
  • 日本内科学会教育病院
  • 日本神経学会准教育施設
  • 日本脳卒中学会認定研修教育病院
  • 日本老年医学会認定施設
  • 日本認知症学会専門医教育施設
国立病院機構 愛媛医療センター 西予市立野村病院
  • 日本内科学会教育関連病院
  • 日本老年医学会認定施設
HITO病院 おおぞら病院
  • 日本神経学会准教育病院
  • 日本脳卒中学会認定研修教育病院
  • 日本病院総合診療医学会認定施設
  • 日本神経学会准教育施設
  • 日本リハビリテーション医学会研修施設
松山リハビリテーション病院 松山市民病院
  • 日本リハビリテーション医学会研修施設
  • 日本内科学会教育病院
  • 日本老年医学会認定施設
  • 日本脳卒中学会認定研修教育病院

【2019.4.01現在】