プログラム活動報告

第12回愛媛大学学術フォーラム で研究者養成の取り組みを紹介しました。

平成28年9月2日(金)愛媛大学総合情報メディアセンターメディアホールにてひらかれました、第12回愛媛大学学術フォーラム「脳の不思議に迫る」におきまして、田中潤也分子細胞生理学教授が、脳のマイクログリアに関する講演の中で、基礎研究医養成に向けた医学部の取り組みを紹介しました。医学部、分子細胞生理学講座のマイクログリア研究は長い歴史がありますが、最近のデータの多くは学生の貢献によるものです。

カテゴリー: プログラム活動報告.