プログラム活動報告

第95回 日本生理学会大会において、Best Presentation Award を2名の学生が受賞

2018年3月28−30日、高松において開催された第95回 日本生理学会大会において、本学医学科4年次学生 宮西和也君と2年次学生 大角翔太君の2名がBest Presentation Award を受賞しました。宮西君はパーキンソン病、大角君はがん転移の研究です。受賞者は、全国で6名ですが、その内2名が本学学生が占めたことになります。

カテゴリー: プログラム活動報告

第7回サイエンス・インカレにおいてサイエンス・インカレ奨励表彰を受賞

医学部医学科4年生の宮西和也さんは,平成30年3月3日(土),4日(日)の2日間にわたり,立教大学池袋キャンパスで開催された「第7回サイエンス・インカレ」においてポスター発表部門に出場し,サイエンス・インカレ奨励表彰を受賞しました。
自然科学系の分野には,数物・科学系や工学系,生物系のほか情報系,文理融合系の5つがあり,宮西さんは,生物系分野で「パーキンソン病の早期発見への糸口~基礎行動実験からのアプローチ~」を研究テーマとしたポスター発表を行いました。サイエンス・インカレで発表するには,論文による事前審査を通過する必要があり,医学部生の出場は少なく全国でも7人しかいませんでしたが,全34テーマのポスター発表が行われた生物系分野で,宮西さんが見事1位に輝きました。
宮西さんは,3月22日(木)に行われた医学部長表彰も受賞し,満田憲昭医学部長にサイエンス・インカレでのポスター発表の様子などの報告を行いました。

サイエンスインカレポスター 宮西

カテゴリー: 新着情報, プログラム活動報告

西日本医学生学術フォーラム2017

奈良県橿原市、奈良県立医科大学 厳橿会館にて、2017年12月9日(土)に開催されました西日本医学生学術フォーラム2017に4回生 宮西和也、4回生 馬越陽大、3回生 武田遥奈、2回生 山口輝昌、2回生 木上佑香、2回生 大角翔太が参加発表しました。宮西君は、ポスター発表の最優秀賞を、馬越君は口演発表の優秀賞を受賞しました。

カテゴリー: プログラム活動報告

第69回日本生理学会中国四国地方会に参加発表

徳島県徳島市徳島大学蔵本キャンパスにおいて、平成29年10月28日(土)~ 29日(日)に開催されました第69回日本生理学会中国四国地方会に、4回生の馬越陽大君、2回生の藤田滉大君、1回生の宇都宮諒君が参加発表しました。

カテゴリー: プログラム活動報告

第27回日本病態生理学会大会に参加発表

東京都小平市において、8月17日(金)−8月19日(日)に開催されました、第27回日本病態生理学会大会に、大学院生の阿部尚紀君、医学科3回生の住田悠太郎君、2回生の木上佑香さんが参加発表しました。阿部君、住田君は若手のセッションで優秀賞を受けました。

カテゴリー: プログラム活動報告

第9回医学専攻研究発表会の開催、基礎GP外評価委員会及び睡眠・概日リズムワークショップを併催

平成29年2月28日-3月1日、医学部基礎第2講義室(口演)、医学部1階コンコース(ポスター)におきまして第9回医学専攻研究発表会を開催しました。主に、大学院医学専攻3年生および学生研究員による研究成果67演題の発表があり、Discussionや教員からのsuggestionが出され、学位取得に向けたマイルストーンとしての役割を果たしました。また、徳島大学から医学部統合生理学講座の勢井宏義教授をお招きして、基礎GP事業の外部評価委員会を開催しました。勢井教授の専門分野である睡眠・概日リズムを研究する医学科学生3名に薬理学講座の学生1名を加え、ワークショップも実施しました。大変活発な会となり、学生にとっても大変勉強になりました。

カテゴリー: プログラム活動報告

川崎医科大学で愛媛大学の取り組みを紹介

平成29年2月7日、川崎医科大学生理学講座の宮本修教授のお招きにより、第380回川崎医学会講演会において「マイクログリアの多彩な機能 - その生理的・病理的な役割について」と題し、講演をさせていただきました。この講演の中で分子細胞生理学講座の学生による研究成果を紹介するとともに、愛媛大学の学生研究症例の仕組みを簡単ですが説明しました。

カテゴリー: プログラム活動報告

西日本医学生学術フォーラム に参加発表しました。

平成28年12月10日(土)岡山大学医学部のある鹿田キャンパスにて開催されました、西日本医学生学術フォーラムに、3回生、宮西君、2回生、武田さん、1回生、吉光さん、木上さんが参加発表しました。この会は、第5回医学研究学生フォーラム、第4回中国・四国地区学生学術交流会、第2回熊本大学・愛媛大学・岡山大学3大学合同シンポジウムという西日本で開かれていた医学生の研究集会3つを統合した研究発表会です。主催に当たった岡山大学の学生さんたちは、サイエンス西医体と呼んでいたそうです。山陽新聞の記事によると、14大学から110名の参加でした。口演、ポスター合わせ33の発表があり、とても活発に議論がなされました。投票による表彰制度もあり、宮西君と武田さんが表彰されました。学生同士の交流プログラムもよく練られたもので、会終了後の懇親会もとても楽しいものでした。主催されました、岡山大学・薬理学講座の西堀先生、事務局の矢田様、準備委員会委員長で学生の中村様、COMEsの皆様、ありがとうございました。来年は12月9日に奈良県立医大で開催されます。愛媛の皆さんも積極的に参加してください。岡山大学の学生さんたちのFaceBookもご覧ください。
https://www.facebook.com/comes.umin.jp/

カテゴリー: プログラム活動報告

第68回 日本生理学会中国四国地方会に参加・発表しました。

平成28年11月5-6日に岡山大学で開催されました第68回 日本生理学会中国四国地方会 に、3回生 馬越君、2回生 大竹君、森さんが参加・発表しました。中国四国地方会は、日本生理学会の各地方会の中でも最も活発に活動しているとされ、主催の岡山大学の先生方にご尽力していただき、また、日本生理学会理事長の丸中先生のご参加もあって大変盛り上がりました。学部学生の参加が多いのもこの地方会の特長で、参加者の4割が学生とのことでした。来年は徳島大学が主管で開催されます。

カテゴリー: プログラム活動報告

第14回 医科学研究発表会 を開催しました。

第14回 医科学研究発表会を平成28年9月20日 (火) – 21日 (水)の2日間の日程で開催しました。会場は、40周年記念講堂(口演)と医学部本館1階コンコース(ポスター)です。今年は57演題の発表がありました。特別講演の演者として、平成15年愛媛大学医学部医学科卒業、京都大学大学院医学研究科 循環器内科学 助教の桑原康秀先生をお招きし、ご講演いただきました。サイエンスインカレ出場を目指す発表を3名の学生さんにしてもらいました。出場が期待されます。
%e5%8c%bb%e7%a7%91%e7%a0%942016

カテゴリー: プログラム活動報告
1 / 712345...最後 »