プログラム活動報告

第25回 日本病態生理学会大会を主催、参加、発表しました

平成27年7月31日から8月2日かけて愛媛大学城北キャンパスにて、第25回日本病態生理学会大会を分子細胞生理学講座の主催で開催しました。学生研究員の皆さんも運営に参加してくれました。2回生、宮西和也君は研究成果発表も行いました。
スライド1

カテゴリー: プログラム活動報告

第47回日本医学教育学会に参加、愛媛大学の取り組みを紹介

平成27年7月24日 金曜日、新潟市で開催されました第47回日本医学教育学会に参加し、愛媛大学の研究者育成の取り組みについて発表してきました。医学教育学会の基礎医学・生命科学委員会委員長である、広島大学名誉教授井内先生からお誘いを受けて参加しました。当日は、順天堂大学解剖学 坂井教授、東京女子医大生化学 高桑教授の座長により、シンポジウムが開かれました。愛媛大学と同じ、文科省予算の支援のもと、研究者育成をすすめておられる、山梨大学 小泉先生、札幌医大 渡邉先生とともに、取り組みについて発表し、多くの質疑を受けました。また、東北大学 分子薬理学の柳澤教授、群馬大学 生理学、鯉渕教授とも親しくお話しすることが出来ました。これによって、今回の文科省予算を受けての各大学の研究者育成の取り組みの状況を広く把握することが出来ました。

カテゴリー: プログラム活動報告

第17回 ブレインサイエンス研究会に参加し、愛媛大学の取り組みを紹介

平成27年6月6日-7日、漢委奴国王の金印で有名な福岡県福岡市志賀島において開催された第17回ブレインサイエンス研究会が開催されました。九州大学歯学研究院の中西博教授のお招きにより、愛媛大学医学部の「医学科大学院からの基礎研究医養成コース」の取り組みについて、田中潤也から紹介する機会を得ました。研究会に参加されたのは、医学部より、歯学部、薬学部、工学部の先生方、大学院生、学部生の方が多かったのですが、関心を持って聞いていただけたように思います。風光明媚なロケーションで、多くの先生方、大学院生、学部生の方々と交流を持てました。その中で、分子細胞生理学教室の学部生の研究について、久留米大学医学部薬理学講座の先生方と共同研究を進めることになったのは大きな収穫でした。
ブレインサイエンス研究会

カテゴリー: プログラム活動報告

第104回日本病理学会総会に参加(解析病理学講座関係分)

第104回日本病理学会総会で解析病理学講座所属の学生が発表を行いました。学会は名古屋市の名古屋国際会議場を会場に2015年4月30日(木)〜5月2日(土)に行われました。解析病理学講座からは、2年生13名、3年生6名、4年生2名、5年生2名、6年生2名の計25名が発表を行いました。座長の先生方やフロアからたくさんの質問や激励をいただき、身を引き締めて今後の研究の発展を誓いました。本プログラムからは25名中10名分の旅費のご援助を賜りました。厚く御礼申し上げます。104回病理学会

カテゴリー: プログラム活動報告

第7回医学専攻研究発表会

平成27年3月5-6日に第7回医学専攻研究発表会を開催しました。この研究発表会は主に医学専攻医学専攻研究発表会大学院3年生の研究進捗状況を把握するための学内発表会ですが、学生研究員の研究の取り組みを確認する場ともなっています。第7回は、口演37演題、ポスター45演題の発表がありました。写真は、安川前医学系研究科長の挨拶の様子と、口演会場の一枚です。

カテゴリー: プログラム活動報告

フロンティア医学・医科学研究・基礎GP事業説明会の開催

3月25日(水)および3月27日(金)、第1ゼミナール室にて、本学教員を対象に、フロンティア医学・医科学研究・基礎GP事業説明会を実施しました。新1年生対象の4月からのフロンティア医学、5月からの医科学研究Ⅰ開講に向けて、先生方のご理解を深め、医学系研究科あげての基礎GP事業「富士山型研究医養成システム」推進・発展にご協力をお願いしました。
フロンティア説明会FD 2015 

カテゴリー: 新着情報, プログラム活動報告

第92回日本生理学会大会に参加発表しました

日本解剖学会との合同で、第92回日本生理学会が3月21日(土)-3月23日(月)、神戸にて開催されました。分子細胞生理学講座からは、基礎GP事業支援対象の大学院生1名を含め22名の学生が発表しました。研究成果を学会で発表することに満足せず、研究をより深く精密に進展させ、英文原著論文として講評できるよう今後一層の努力を期待します。
日本生理学会2015

カテゴリー: プログラム活動報告

平成26年度:学生の研究成果

平成26年度も多くの学生、指導教員の尽力により多くの研究成果発表がありました。下のグラフは、平成15年度からの研究成果発表数の推移を示しています。特に、24年度中盤から文科省の支援を得たことにより、非常に多くの学生が積極的に研究活動に参加するようになりました。今後は、一層多くの英文原著論文が学生研究の中から生まれることを期待しています。

今年度の研究業績

カテゴリー: 新着情報, プログラム活動報告

基礎GP事業年度報告書 平成26年度年報を発行しました

文部科学省GP/基礎GP//医学・医療の高度化の基盤を担う基礎研究医の養成『富士山型:医学科大学院からの基礎研究医養成コース』の、平成26年度の活動をまとめた、平成26年度年報を発行しました。学生研究員の活動報告の他、小林直人総合医学教育センター長による、学生の研究進捗度の定量的評価方法の研究成果など、興味深い記事が掲載されています。是非ご一読ください。本冊子を希望される方は、医学研究科学務課大学院チーム089-960-5868までお問い合わせください。
スライド1

カテゴリー: プログラム活動報告

第8回 愛媛大学先端医学ウインタースクール を開催しました

平成27年2月28日(土)〜3月1日(日)、第8回 愛媛大学先端医学ウインタースクールを例年通り今治市湯ノ浦で開催しました。本年も、基礎GP事業の外部評価を兼ねての開催で、外部評価委員として、奈良県立医科大学 高木都先生、岡山大学、松井秀樹先生をお招きしました。愛媛大学学生29名の他、順天堂大学から2名の学生さん、指導教員として横溝先生にも参加いただきました。例年以上の高いレベルの研究成果発表会となり、外部評価の先生方にも高く評価していただきました。
ウインタースクール

カテゴリー: プログラム活動報告