事業責任者あいさつ

事業責任者あいさつ

基礎医学研究は医学・医療の基盤であり,基礎研究医は,医学部学生への教育や,基礎から臨床への橋渡し研究においても重要な役割を果たしています。しかし,近年,若手医師の臨床志向等に伴い,基礎医学研究に進む医師が減少し,将来の我が国における医学教育・研究の質の低下が懸念されています。このような背景のもと,平成24年度から文部科学省「医学・医療の高度化の基盤を担う基礎研究医の養成」事業が開始され,愛媛大学からの申請プログラム「医学科大学院からの基礎研究医養成コース」が高く評価され採択されました。

この人材育成プログラムでは,医学科1 年生からの必修科目「医科学研究」を出発点として,遙かなる頂を目指す裾野の広い富士山型の研究医養成コースを整備します。これは,学部学生を初・中・上級と発展する学生研究員として育てる医学科大学院制度を経て,学部卒業直後に大学院に入学し,1・2 年は臨床研修,3・4 年は研究支援・国際化支援を受ける制度です。さらに,学部から大学院に続く長期の研究経験とSA/TA としての指導者経験を積み重ね,生涯に亘って基礎医学分野で生きていくという確信を得た学位取得者には,テニュアトラック教員/助教/留学というキャリアプランを明確に提示するというものです。

愛媛大学医学部は,本プログラムによって,医学・医療の高度化の基盤を担う優れた基礎研究医を養成し,日本のライフサイエンス発展と医学・医療のレベルアップに寄与することを目指します。

愛媛大学大学院医学系研究科長 安川正貴