第二生理学教室

 

改訂長谷川式 痴呆判定テスト

 
No. 質問 点数
1 お年はいくつですか?
 満年齢が正確に言えれば1点。2年までの誤差は正解とみなす。
2 今日は何年の何月何日ですか?何曜日ですか?
 まず「今日は何月何日ですか?」と聞き、「何曜日ですか?」「今年は何年ですか?」とゆっくり別々に聞くのも可。年・月・日・曜日それぞれの正解に対して各1点。年については西暦も正解。
3 私たちがいるところはどこですか?
 「私達が今いる所はどこですか?」と問う。被験者が自発的に答えられれば2点。病院名、施設名、住所などは言えなくてよく、現在いる場所がどういう場所なのかが本質的にとらえられていればよい。正解がでなかった場合、約5秒おいてから「ここは病院ですか?家ですか?それとも施設ですか?」と問い、正しく選択できれば1点。
4 これから言う3つの言葉を言ってください。あとでまた聞きますのでよく覚えておいてください。(以下の系列のいずれか一つを使い、使った系列に○印をつけておく)
 【1】系列〈a 桜 b 猫 c 電車〉
 【2】系列〈a 梅 b 犬 c 自動車〉
   点
5 100から7を順に引いてください(100引く7は?それからまた7を引くと?と質問する)。
 「93から7を引くと?」のように検査者が最初の引き算の 答えを繰り返していってはならない。各正解(2つの質問)に対して1点を与えるが、最初の引き算の答えが誤ったものであった場合にはそこで中止し、6の問題に進む。
6 私がこれから言う数字を逆から言ってください。
 (【1】6-8-2 【2】3-5-2-9)を逆に言ってもらう。
 数字はつづけて言うのではなく、ゆっくりと約1秒くらいの間隔を置いて提示し、言い終わったところで逆から言ってもらう。正解に対し各1点を与えるが、最初の逆唱に失敗した場合はそこで中止し、7の問題に進む。
7 先ほど(問題4の各系列)覚えてもらった言葉をもう一度言ってみてください。
(自発的に回答があれば各2点、もし回答がない場合、ヒントを与え正解であれば1点)
 答えられない言葉があった場合には少し間隔をおいてからヒントを与え、正解が言えれば1点を与える。ヒントの出し方は「桜」と「電車」が想起できなかった場合、「ひとつは植物でしたね」という形で与え、正解が言えれば1点。その後も「もうひとつは乗り物がありましたね」というヒントを与える。ヒントは被患者の反応を見ながらひとつずつ提示し、「植物と乗り物がありましたね」というようにつづけてヒントを出してはならない。
8 これから5つの品物を見せます。それを隠しますので何があったか言ってください。
(時計、鍵、タバコ、ペン、硬貨など必ず相互に無関係のものを使うこと)
 あらかじめ用意した5つの物品をひとつずつ名前を言いながら並べて見せ、よく覚えるように教示する。次にそれらを隠して「思い出す順番はどうでもよいのですが、今ここに何がありましたか?」とたずねる。物品に特に指定はないが時計、鍵、タバコ、ペン、硬貨など、必ず相互に無関係なものを用いる。正解に対し、各1点を与える。
9 知っている野菜の名前をできるだけ多く言って下さい。
 具体的な野菜の名前を記述し、重複した野菜の名前を言った場合は点数に加えない。この問題は言語の流暢性をみる質問であるため、途中で言葉に詰まり約10秒程度待っても次の野菜の名前がでてこない場合にはそこでうち切る。採点は5個までは0点であり、以後は6個=1点、7個=2点、8個=3点、9個=4点、10個以上=5点となる。
合計点数
 

 以上のテストは正常なお年寄りなら簡単に答えられ、〈ぼけ〉のお年寄りには答えるのが難しい質問を問題にしたものです。それぞれの質問に答えられるかどうかで点数をつけ、合計点数で「痴呆かどうか」「痴呆ならどの程度か」を判断します。満点は30点で20点以下は痴呆の疑いありとされます。

 

 

△メインのページへ


愛媛大学医学部第二生理学教室