愛媛大学白菊会について 〜献体について

 子供たちの健やかな日々と 
      明日の医療の発展を願って 
            良い医療人を育てるために


献体とは

 献体とは医学・歯学の大学における人体解剖学の教育・研究に役立たせるため自分の遺体を無条件・無報酬で提供することをいいます。

解剖の種類

 解剖には、大きく分けて次のような3種類があります。

1. 正常解剖(系統解剖)・・・・人体の構造を調べるための解剖
2. 病理解剖      ・・・・死後、すぐ病変を調べるための解剖
3. 法医解剖(司法・行政解剖)・変死体の死因を調べるための解剖

 献体に直接関係があるのは「1の正常解剖」で、医学・歯学教育の基礎といわれています。良い医療人を育てるためには全身の構造を学ぶ「解剖学」の教育を充実させることが絶対に必要なことなのです。

献体の意義

 献体の最大の意義は、みずからの遺体を提供することによって医学教育に参加し、学識・人格ともに優れた医療人を養成するための礎となり、医療を通じて次の世代の人達のために役立とうとすることにあります。

愛媛大学白菊会について

 愛媛大学医学部が開設された翌年の昭和49年に「愛媛大学白菊会」が発足しました。
 この集まりは、献体登録をした人たちで作る組織団体で、会員は愛媛大学医学部に献体することになっています。「愛媛大学白菊会」では、年1回総会を開催して活動方針を話し合い決定しています。
 また、地区懇談会の開催、会員の投稿する会報「しらぎく」の発行などを通じて、会員間の親睦と交流を図っています。


卒後教育,臨床研究,及び手術手技研修について

 ご遺体による研究は医歯学の発展に大きく貢献し、正常の人体構造のみならず変異や病理変化についても対象とされてきました。また、臨床医がご遺体による手術法の開発や後進の教育も行ってきました。今後、最前線で活躍する医師や教育スタッフにますます高度な卒後教育や研究が求められ、ご遺体の解剖や手術手技研修を行うことが多くなってくると思われます。愛媛大学白菊会では学生教育のみならず卒後教育及び臨床研究にも積極的に協力しています。

 愛媛大学では平成25年に手術手技研修センターが全国に先駆けて設置されました。同センターには医師や歯科医師がご遺体による手術手技を研修するための手術室さながらの最新設備が整備されました。また隣接する法医学講座に新設されたCTにより、ご遺体のCT画像が得られるため、より高度な研修を行うことができます。
 


コ・メディカルの解剖実習について

 愛媛大学医学部では全国に先駆けてコ・メディカルのための解剖実習を行っています。  
 コ・メディカルとは医師とともに医療を支える看護師、理学、作業・言語療法士、介護福祉士などの専門職をいいます。これらのコ・メディカルスタッフを育成する学校等では解剖学が必修となっていますが、従来は自ら解剖実習をすることはなく、見学にとどまっていました。しかし、医療の進歩とともにコ・メディカルスタッフにも高い専門知識が要求されるようになり、解剖実習の必要性が高まってきました。そこで解剖学会コ・メディカル教育委員会や全国篤志献体協会連合会が中心になり、コ・メディカル解剖の普及が推進されております。これに対応し、愛媛大学白菊会が中心になり、コ・メディカル解剖の普及が推進されております。これに対応し、愛媛大学白菊会でも、医師・歯科医師だけでなくコ・メディカルの解剖実習に積極的に協力していくことになりました。