よくあるご質問


会員としての特典はありますか?

 「献体」は自発的な善意に基づく行為であって、種々の見返りを要求することは本意ではありません。よって白菊会に入会した場合の特典に類するものはありません。

入会金、会費等は必要か。遺体の保存や解剖に要する費用は?

 金銭的負担は一切ありません。入会金、会費等は必要ありません。
また、献体後ご遺体の保存や解剖に要する費用、解剖後の火葬費用等はすべて大学が負担することになっています。
(葬儀の費用は、ご遺族でご負担いただかなければなりません。)


事故等で身体に大きな損傷を受けた場合も献体できるか?

 ご遺体が大学に搬送されますと直ちに、血管より薬剤を注入し防腐処理を行います。そのため、身体に大きな損傷を受けますと防腐処理ができなくなるため、以前は献体できませんでした。しかし、現在は次に記載しておりますように、受け入れさせていただいております。

病気や傷害、また手術をした場合にも献体はできるか?

 医学部の進歩によりたとえ癌が見つかってもかなりの年月生きていけるようになりました。その結果、ご献体されたご遺体の中には手術をされている場合が多くなってきました。また、かなり進行した状態でも長期間生きておられ、内臓が解剖できない状態のご遺体が少なからず含まれます。癌を観察することは医学生にとって大変勉強になりますので、そのような病変はありがたく学生に供覧させていただいております。しかし、あまりに内臓が侵されている場合は、本来の正常解剖をすることができません。このようなご遺体でも、理学・作業療法士による四肢の筋肉等を中心とする解剖(コ・メディカル解剖)や整形外科の手術手技研修、さらに脳外科、耳鼻科、歯科による頭部の手術手技研修等には支障がありません。四肢が切断されている場合でも、内臓を中心に解剖や手術手技研修等をさせていただくことが可能です。このように、愛媛大学白菊会では医学生のみならず多くの領域の学生、医師等による異なる目的での解剖をお認めいただいておりますので、使用できないご遺体はほとんどなく、ほぼどのような状態でのご遺体でも受け入れさせていただいております。
 上記のような理由から、以前はお断りしておりました交通事故死や臓器移植後のご遺体も受け入れさせていただいております。


ドナーカード(臓器提供の意思表示)、アイバンク登録について

 移殖の為の臓器は日本では非常に不足しておりますので、会員の皆様には積極的に臓器提供をしていただいて結構です。