愛媛大学医学部 看護学科・愛媛大学大学院医学系研究科 看護学専攻

V

平成30年度 看護教育セミナーを開催しました

2019.03.04

 2019年2月17日(日)に、平成30年度看護教育セミナーを開催しました。今年度は愛媛大学教育・学生支援機構教育企画室教授の中井俊樹先生に、「看護現場で活用できる教育学の理論と技法」というテーマで講演をしていただきました。
 愛媛県下の看護職の方々約50名と看護学科の教員約15名が参加し、講義だけではなくグループワークを通して、日頃感じている教育の悩みを参加者同士で共有したり教育に関する意見交換をしたりしました。参加された方からは、「学習者には認知的段階からていねいに相手のペースで指導していきたい」、「今実感している悩みが少し晴れた」などの声がきかれました。
  次年度も、愛媛県下の看護職の方々のニーズに合わせたセミナーを企画したいと考えておりますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。


「講義が非常に分かりやすかった」という声をいただきました


グループワークではどのテーブルも活発に意見交換をしていました

平成30年度 看護教育セミナーのご案内

2018.12.17

今年度も愛媛県下の看護職の方々を対象に、愛媛大学医学部附属看護実践教育研究サポートセンター主催の看護教育セミナーを開催いたします。
今年度は愛媛大学 教育・学生支援機構教育企画室 教授の中井俊樹先生を講師にお迎えし、「看護現場で活用できる教育学の理論と技法」というテーマでご講演いただきます。
学生指導・新人教育・継続教育に携わっている方やこれから携わる予定の方、ぜひご参加下さい。

              
日時:平成31年2月17日(日) 13:30~16:00(受付:12:30~)
会場:愛媛大学医学部 基礎第3講義室
申込方法:①FAXの場合 参加申込書を印刷していただき、必要事項をご記入のうえ、(089)960-5423に送信して下さい。
      (印刷する場合は下線をクリックして下さい)
        ②メールの場合 お名前、施設名、連絡先をご記入のうえ、nsupport@m.ehime-u.ac.jpに送信して下さい。
申し込み締め切り:2月1日(金)
*当日参加も歓迎いたしますが、資料等の準備の都合上、事前の参加申し込みにご協力下さい。

H30看護教育セミナーチラシ (印刷する場合は下線をクリックして下さい)

 

愛♡いきいき健康フェアを開催しました

2018.12.10

10月27()に、「愛媛大学医学部看護学科主催第17回市民健康セミナーin2018 愛♡いきいき健康フェア」が開催されました。

 

今年は重松裕二教授の講演と学生たちによる7つの健康教室が催されました。

この日のために看護学科の4年生を中心に、2年生、教員が一丸となって準備を進めてきました。

当日はお天気にも恵まれ、なんと143名の地域の皆様にご来場いただきました。

多くのご参加ありがとうございました。

 

重松裕二教授の講演では「健康寿命を延ばす生活習慣病対策」をテーマに、脳梗塞やその予防方法について話されました。

メモを取る参加者の姿もあり、皆様熱心に耳を傾けていました。

 

講演の後は、学生たちが企画した健康教育が始まりました。

 

「身近に潜む転倒のリスク ~知って動いて予防しよう~」では、歩行能力やバランス感覚の測定、家庭でもできる足の筋肉を鍛える運動などが行われました。

 

 

「いつまでも自分の足で歩こう ~あなたの足を見直すフットケア~」では、足のセルフチェックやサイズ測定、フットケアに関するミニ講義、足のセルフマッサージが行われました。

 

 

「あなたの血管年齢は? ~見直そうあなたの生活習慣~」では、血管年齢や血圧の測定、自宅でできる運動、ハーブティーの試飲などが行われました。

 

 

「認知症、はじめの一歩」では、認知症についての劇やクイズ、脳トレなどが行われました。

 

 

「目からうろこの視力教室!?」では、視力検査、視力低下のメカニズムのミニ講義、目の運動などが行われました。

 

 

「あなたの足の筋肉何キログラム?」では、体組成計による筋肉量測定や筋力低下予防の運動などが行われました。

 

 

「冬の準備はいかがでしょう ~Let’s ぽかぽか冷え対策~」では、冷え対策についての講義やサーモグラフィによる皮膚温の測定、手浴などが行われました。

 

 

健康フェアを作り上げた全員の集合写真です。

 

健康フェアをきっかけに地域の皆様が健康への第一歩を踏み出されていると幸いです。

来年も多くのご参加お待ちしています。

平成30年度臨地実習履修認定式が開催されました

2018.10.02

平成30927日(木)に平成30年度臨地実習履修認定式が開催されました。

後学期から始まる専門領域の臨地実習履修が認められた3年生56名が集まりました。

 

はじめに満田医学部長より激励のお言葉をいただきました。

 

続いて、陶山看護学科長のお言葉を学生は真剣な眼差しで聴いていました。

 

学生を代表して矢野美咲さんが実習への誓いの言葉を述べました。

 

次に、学生を代表して上杉亜由美さんに満田医学部長より記念品授与が行われました。

 

その後、学生生活担当の教員より3年生全員に記念品が手渡されました。

記念品はナースウォッチです。Ehime Universityのロゴが入った特別な時計です。

 

3年生はこれから、成人看護学、老年看護学、小児看護学、母性看護学の実習を約3か月間行います。

臨床で学ばせていただくことへの感謝を忘れず、

これまで講義や演習で学んできた知識を活かして、実りの多い実習となるよう願っています。

 

第2回看護研究サポートセミナーを開催しました

2018.09.19

 9月8日(土)に平成30年度 第2回看護研究サポートセミナーを開催しました。「アンケート調査による量的データの分析方法」というテーマで、講師は看護学科教授 西嶋真理子先生でした。
 セミナーでは、日々の問題意識からリサーチクエスチョンへの深め方、質問紙の作成やデータの処理の手順を教えていただきました。また、参加者のみなさまには実際にパソコンを使用していただき、SPSSを用いて初歩的な量的データの分析を演習形式で体験していただきました。
 参加者の方々から、「実際にパソコンを触りながらの演習が良かった」、「統計の用語は難しいけど、SPSSのソフトがいろいろ便利で使いやすいことがわかった」などの感想をいただきました。参加者のみなさま、雨が降りお足元の悪い中、ご参加いただきありがとうございました。

2018年 愛南町の医療にふれる会に参加しました

2018.09.08

 2018年8月20-21日に愛南町御荘文化センターで開催された、愛南町の医療にふれる会に参加しました。愛媛大学医学部医学科、看護学科、順天堂大学の方々が参加し、看護学科からは、10名の学生が参加しました。
 日本の高齢化の最先端をいく愛南町で、地域医療や地域医療連携、生活を診る医療とはどういうことかなどについて学びを深めました。


南予地域のドクターヘリの現状についても学びました。

今日の講義の学びを意見交換します。

夜は、山出憩いの里温泉で懇親会です。愛南町の海の幸、山の幸をたくさんいただきました。

かつおのタタキや伊勢エビも、その場でさばいて料理してくれます!

 

 

 

 

第1回看護研究サポートセミナーを開催しました

2018.09.07

 8月25日(土)に平成30年度 第1回看護研究サポートセミナーを開催しました。「事例研究をやってみましょう」というテーマで、講師は看護学科の柴珠実講師でした。

 セミナーでは研究の問い(リサーチクエスチョン)を立てるための方法や事例研究を行う際の倫理的配慮等に関する講義、ワークシートを用いた事例研究の方法の紹介の後、公表されている論文を用いて、グループ内で論文のクリティークと参加者が現在取り組もうとしている研究について意見交換を行いました。
 参加者の方々からは、「グループワークで様々な意見交換ができた」や「今後も看護研究について学びたい」というコメントをいただきました。
 次回は9/8(土)に「アンケート調査による量的データの分析方法」というテーマでセミナーを実施します。まだ人数に余裕がありますので、ぜひご参加ください。10/20(土)の看護研究よろず相談の申し込みも引き続き受け付けておりますので、お気軽にお申込みください。


グループワークの時間を延長するほどディスカッションが盛り上がりました

 

第17回市民健康セミナー2018 愛♡いきいき健康フェア

2018.08.30

1027日(土)に愛媛大学医学部看護学科主催、第17回市民健康セミナーが開催されます。

今年のテーマは「踏み出そう!看護学生と見つける健康への第一歩」です。

 

看護学科重松裕二教授による講演「健康寿命を延ばす生活習慣病対策」と、

看護学生による7つの体験コーナーが催されます。

 

申し込み不要でどなたでもご参加いただけます。

自分のからだや健康について楽しみながら学んでみませんか?

 

多くの皆様のご来場をお待ちしております。

平成30年度オープンキャンパスを開催しました

2018.08.23

8月8日(水)にオープンキャンパスを開催しました。200名以上の高校生、保護者の方々に参加していただきました。
参加された高校生たちは、看護学科教員からカリキュラムや学生生活、入試についての全体説明を受けた後、在校生との交流や看護体験、模擬講義を楽しんでいました。教員と在校生による進路相談コーナーも人気がありました。
また、1年生から4年生までの在学生もたくさん参加して高校生たちに看護の魅力を伝えたり、キャンパスライフについての質問に答えたりしてくれました。
参加された高校生からは、「愛大の看護学科に入学したい気持ちが強くなった」、「在校生から様々な話を聞くことができたので参加して良かった」、「どの体験コーナーも楽しかった」などの声を聞くことができました。
猛暑の中ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。


歓迎の意味を込めて、在校生が講義室のホワイトボードに書いてくれました


交流会の様子です。最初は緊張していた高校生も最後の方は在校生と楽しそうに交流していました


聴診器を使って自分の心音を聞いています


妊婦体験中です


血圧測定を在校生と一緒に実施しています


高齢者体験も人気がありました

平成30年度 看護研究セミナーのご案内【締め切りを延長しました】

2018.08.09

第1回・第2回の募集締め切りを8/20まで延長しました。ぜひご参加ください!!

今年度も愛媛大学医学部附属看護実践教育研究サポートセンター主催の看護研究セミナーを開催します。今年度は新しい取り組みとして「看護研究よろず相談」を実施いたします。
「講義編」は、昨年同様講義だけでなく演習も取り入れたプログラムです。事例研究に取り組んでいる方や取り組みたいと考えている方、量的研究に興味のある方のご参加をお待ちしています。
「看護研究よろず相談」は、現在看護研究に取り組んでいる方のお悩みに教員が個別に相談にのりアドバイスさせていただきます。

セミナーの詳細は下記のチラシをご参照ください。

講義編  (印刷する場合はタイトルをクリックしてください)       

よろず相談編 (印刷する場合はタイトルをクリックしてください) 

    

 

Return TOP