愛媛大学医学部 看護学科・愛媛大学大学院医学系研究科 看護学専攻

学生生活

愛♡いきいき健康フェアを開催しました

2018.12.10

10月27()に、「愛媛大学医学部看護学科主催第17回市民健康セミナーin2018 愛♡いきいき健康フェア」が開催されました。

 

今年は重松裕二教授の講演と学生たちによる7つの健康教室が催されました。

この日のために看護学科の4年生を中心に、2年生、教員が一丸となって準備を進めてきました。

当日はお天気にも恵まれ、なんと143名の地域の皆様にご来場いただきました。

多くのご参加ありがとうございました。

 

重松裕二教授の講演では「健康寿命を延ばす生活習慣病対策」をテーマに、脳梗塞やその予防方法について話されました。

メモを取る参加者の姿もあり、皆様熱心に耳を傾けていました。

 

講演の後は、学生たちが企画した健康教育が始まりました。

 

「身近に潜む転倒のリスク ~知って動いて予防しよう~」では、歩行能力やバランス感覚の測定、家庭でもできる足の筋肉を鍛える運動などが行われました。

 

 

「いつまでも自分の足で歩こう ~あなたの足を見直すフットケア~」では、足のセルフチェックやサイズ測定、フットケアに関するミニ講義、足のセルフマッサージが行われました。

 

 

「あなたの血管年齢は? ~見直そうあなたの生活習慣~」では、血管年齢や血圧の測定、自宅でできる運動、ハーブティーの試飲などが行われました。

 

 

「認知症、はじめの一歩」では、認知症についての劇やクイズ、脳トレなどが行われました。

 

 

「目からうろこの視力教室!?」では、視力検査、視力低下のメカニズムのミニ講義、目の運動などが行われました。

 

 

「あなたの足の筋肉何キログラム?」では、体組成計による筋肉量測定や筋力低下予防の運動などが行われました。

 

 

「冬の準備はいかがでしょう ~Let’s ぽかぽか冷え対策~」では、冷え対策についての講義やサーモグラフィによる皮膚温の測定、手浴などが行われました。

 

 

健康フェアを作り上げた全員の集合写真です。

 

健康フェアをきっかけに地域の皆様が健康への第一歩を踏み出されていると幸いです。

来年も多くのご参加お待ちしています。

Return TOP