愛媛大学医学部 看護学科・愛媛大学大学院医学系研究科 看護学専攻

学生生活

救命救急技術演習を紹介します

2017.02.10

救命救急技術演習は、3年生を対象にした選択科目です。今年度は救急看護認定看護師による救命救急看護についての講義や、赤十字救急法指導員にAEDを使用した心肺蘇生法や三角巾を使用する包帯法を指導していただきました。練習を重ねるたびに、スムーズにできるようになりました。

また、看護学科の実習室でシミュレーション学習を行いました。病院内で心肺蘇生が必要な患者を発見した時の対処方法について学びました。与えられた事例について、救命するためにはどうしたらいいか真剣に考え、実践していました。


道路で倒れている人を発見したという想定で、誤嚥(吐いたものをのどに詰まらせること)を防ぐ体位変換の方法やAEDの使用方法について学びました。


三角巾を用いた包帯法の演習です。最初に各部の名称を教えていただいた後、学生同士ペアになって体の様々な部位に巻いていきました。
学生はみな器用で、上手に巻くことができていました。実際の場でも使用できるよう、時々復習してくださいね。


シミレーション学習の場面です。病室の床に患者が倒れているのを発見したという想定で、患者をベットに上げている場面です。
この後、どのようなことが良かったか、どうすればもっと良くなるかについて学生全員で意見交換を行いました。

Return TOP