愛媛大学医学部 看護学科・愛媛大学大学院医学系研究科 看護学専攻

学生生活

臨床看護技術演習Ⅱを紹介します

2017.02.02

臨床看護技術演習は、3年生対象の選択必修科目です。今年度は52名が受講しました。
臨床での専門的な看護技術を必要とする患者について説明できること、基礎知識と技術に基づいて実践できること、看護技術を適用するための臨床判断と基礎能力を説明できることを目標としています。
3年生の後期に開講される臨床看護技術演習Ⅱは、特に高度医療機器を用いた演習を行います。演習の内容によっては、実際に病院で使用されているものと同じ機器を使用します。

今年度は、包帯法、血糖測定・インスリン注射、吸引、12誘導心電図、ストーマサイトマーキング、静脈点滴・輸液ポンプに関する演習を行いました。
演習の一部を紹介します。


血糖測定・インスリン注射の様子です。実際に自分の血糖値を測定し、食事内容や食事摂取時間から、自分の血糖値についてアセスメントをしました。
また、本物そっくりのインスリン注射のデモ機を使用して腹部に見立てたスポンジに注射を行いました。


吸引の様子です。最初に教員からレクチャーを受けた後、実際に口に含んだ水を学生同士で吸引する演習を行いました。
実際に自分が吸引を経験することで、吸引を受ける患者の気持ちがより理解できました。


静脈点滴の自然滴下の練習を行っています。グループで手順を確認しながら真剣に取り組んでいます。

輸液ポンプの取り扱いや設定も一人ずつ経験しました。

Return TOP