愛媛大学医学部 看護学科・愛媛大学大学院医学系研究科 看護学専攻

看護サポート

平成29年度 第3回看護研究サポートセミナーを開催しました

2017.11.29

11月18(土)に第3回看護研究サポートセミナーを開催しました。テーマは『質的な看護研究―「対象者の語りが意味することを、対象者の視点で知る」とは?あなたがしたいのは量的研究、それとも質的研究ですかー 』で、講師は看護学科の山内栄子教授でした。

セミナーでは、質的研究はどのような研究か、質的研究で何が分かるのかという基礎知識の説明から始まり、様々なデータ収集の方法や分析の種類・方法、研究計画書を作成する際のポイント、研究結果の示し方まで、質的研究のプロセスをていねいに教えていただきました。さらに、リッチなデータを得るためのインタビューの方法も具体例を示しながら説明していただきました。
また、実際に対象者の言葉を内容分析の方法を用いて分析する演習を実施しました。


参加者の方々からは、「質的研究をやってみたくなった」、「とても分かりやすかった」とお言葉をいただきました。

 

今回で平成29年度の看護研究サポートセミナーは全て終了いたしました。多くの方にご参加いただき、ありがとうございました。
「研究について教えて欲しい」という依頼や、来年度の看護研究サポートセミナーのテーマについてのリクエストなども受け付けておりますので、ぜひnsupport@m.ehime-u.ac.jpまでお気軽にご相談、ご連絡下さい。

 

Return TOP