高門(土居)美沙季
(H26年愛媛大学卒・大学院生・平成23年糖尿病学会中四国地方会YIA受賞)

 私は初期研修2年目の平成27年4月に入局し、現在大学院に所属しています。私が糖尿病を専攻した理由は、患者さん一人一人の生活習慣や考え方に沿った治療を一緒に考え、回復の喜びを共に分かち合えるからです。全身性の疾患である糖尿病は、ケアする範囲も幅広く、毎日が発見と学びの連続です。大学院では、検査部で頸動脈エコーを丁寧に教えてもらい、一般住民を対象とした2,000人規模の「東温スタディ」という研究に参加しています。まだまだ未熟な私ですが、医局の雰囲気はとてもあたたかく、各自の目標やステージにあったプログラムを用意してくださり、丁寧に指導してくださいます。興味のある方は、ぜひ一度見学にいらしてください。お待ちしています。



東岡(源本)真由
(平成23年愛媛大学卒・認定内科医・大学院生・平成27年糖尿病学会中四国地方会YIA受賞)

私は平成23年に愛媛大学を卒業し、2年間の初期研修を経て平成25年に糖尿病内科に入局しました。入局したのちに関連病院である松山赤十字病院内科で2年間後期研修医として過ごし、今年度から大学病院で勤務しています。3、4年目は市中の病院で糖尿病患者さんの入院診療、外来診療、他科の患者さんの血糖コントロールはもちろん、救急外来や入院まで幅広く経験を積むことができました。大学に戻ってからは病棟医として、研修医の先生たちと入院患者さんの診療を中心に、他病院での外来や病棟の血糖管理なども行っています。
糖尿病診療の面白いところは、病気そのものを見ていても上手くいかないところだと思います。症状もなく患者さん自身が困っていない状況で、どのようにお話することで病気を受け入れたり、生活習慣改善に取り組んでもらえたりするか、患者さんとの信頼関係を築いていくことがとても大切な病気です。そのようなことを考えながら一人ひとりの患者さんと接することで、自分自身も人間として成長していけたらと思いながら日々診療を行っています。
大学も関連病院も医局の雰囲気が大変良く、患者さんの治療のことで悩むことはあっても、職場の人間関係で悩むことは一切なく過ごすことができていて幸せに思っています。興味のある方は是非、研修・見学にいらして下さい。お待ちしています。