平成25年4月より、分子遺伝制御内科学分野から糖尿病内科学講座になりました。私は,牧野英一前教授の後任として,平成20年6月1日より,三代目として当教室を担当させて頂いております。研究・診療・教育にあたっては,教室員と共に,常に最善を尽くすことが大切と考えています。まずは,自分自身が納得できるように,そして教室・大学といったチームのために,さらには,地域,社会のために最善を尽くすように心がけたいと思っています。具体的には,
研究: 独創的,かつ地域の特性を生かした,臨床に還元できる研究の遂行
診療: 患者さん個人個人に最適であり,かつ最新のエビデンスに基づく診療の実践
教育: 大学の発展を担い,地域医療に貢献する,協調性ある自立した人材の育成
をめざしています。そして,各教室員が,眼の前の課題に真剣に取り組み,研鑽していきながら,周囲と良く協調することにより,みんなが楽しく,充実した仕事のできる教室にしていきたいと考えています。 なお,当教室がここまで発展してきましたのは,これまでに支えて頂きました多くの方々のおかげです。この場を借りて,心より御礼申し上げます。今後とも,御指導・御鞭撻のほど,よろしくお願い申し上げます。