施設
愛媛大学医学部附属病院皮膚科は、日本皮膚科学会研修指定病院・日本形成外科学会認定施設です。皮膚科・形成外科いずれの専門医を取得することも可能です。
研究
表皮角化細胞の細胞生物学的研究から生理・機能解析を中心として、表皮自然免疫などに関する基礎研究などを行っています。また、translational research に関しても力を入れており、薬疹の病態解析、掌蹠膿疱症および類縁疾患の病態解析・治療開発なども行い、研究室で得られた知見を臨床現場に還元するための研究もすすめています。
雰囲気
臨床をしたい人、研究をしたい人。手術が好きな人、嫌いな人。個人プレーが好きな人、チームプレーが好きな人。野望に燃えている人、何をしたいか良く分からない人・・・きっと何か自分にあった分野が見つかります。Let's join us!
医局員の出身
出身大学を問いません。また、途中入局、転科の方も、なるべくご希望に応じた研修を提供するようにしています。
これまでの医局員の出身大学:愛媛大学、大阪大学、川崎医科大学、和歌山県立医科大学、広島大学、杏林大学、兵庫医科大学、など
女性医師
研究・臨床各分野で存分に活躍していただいています。現在女性医師は助教1名、医員4名が在籍しています。出産・育児・病欠などによる勤務形態は相談に応じます。臨床、研究、アルバイトなど希望を出来るだけ配慮しています。

皮膚科
卒後6年目で専門医取得を第一目標としていますが、研究を優先させることも可能です。 1-2年目は大学病院での研修、希望者は3年目から大学院に進学し、研究に専念できる環境を提供します。
また、形成外科診療班内で、より高度な皮膚外科の手技を学ぶことも可能です。
2018年現在での医局内皮膚科専門医数・・・7名
皮膚科の卒後臨床研修と関連病院での勤務
大学外での常勤医はすべて一人医長であるため、皮膚科専門医あるいはこれに準ずる十分な臨床研修を愛媛大学で行った後、関連病院で勤務することになります。

形成外科
卒後7年目での専門医取得を目標としています。形成外科単独科ではなく、皮膚科とタイアップしているため、皮膚科の基礎を学ぶことが出来るほか、施設によっては皮膚科に症例が偏りがちな熱傷、皮膚腫瘍、皮膚悪性腫瘍、ケロイド・肥厚性瘢痕・瘢痕拘縮、難治性潰瘍、レーザーなどの症例が大変豊富です。特にレーザー装置は西日本でも有数の6台を有しています。

あつかう疾患は皮膚外科の領域のみにとどまらず
・顔面外傷(顔面骨骨折など)
・口唇裂・口蓋裂
・手足の外傷・先天異常(切断四肢再接着や多合指症など)
・小耳症(自家肋軟骨移植による耳介再建))、耳介変形、その他の先天異常
・再建外科・・・形成外科の重要な分野です。耳鼻咽喉科・頭頸部外科や歯科口腔 外科・顎顔面外科、 消化器外科、整形外科,脳神経外科など外科系 各科との合 同手術(顕微鏡下血管吻合による遊離組織移植、生体肝移植時の肝動 脈再建,消化管の血行再建、腫瘍切除後欠損の再建) などにも積極的に取り組んでいます。

関連病院は県内外にあり、美容外科の分野など施設の特徴にあった研修を積むことが出来ます。
また、この他大学病院以外の施設・皮膚科関連病院への出張手術(広範囲熱傷、腫瘍切除後の再建)も多く、大学スタッフによる年間手術件数は1000例を超えています。
初年度より積極的に手術・外来・処置に参加してもらい、個人のペースに合わせた懇切丁寧な指導を心掛けています。せっかく手術室に入っても外回りで見ているだけ、ということはありません。
2018年現在での医局内形成外科専門医・・・5名
愛媛大学形成外科診療班で研修を行った人は、卒後8年以内に100%形成外科専門医を取得しています。
また、希望により皮膚科チームと研究を行うことも可能です。
◆ 興味のある方・見学などの連絡先 ◆
愛媛大学皮膚科医局 089-960-5350(直通)
E-mail:
Copyright©2006 Ehime University School of Medicine Department of Dermatology, All right reserved.