愛媛大学医学系研究科 耳鼻咽喉科・頭頸部外科

Department of Otorhinolaryngology, Head and Neck Surgery Ehime University, School of Medicine

学会報告

第13回国際顔面神経学会に参加して

2017.08.16

第13回国際顔面神経学会に参加して
飴矢美里

 International Facial Nerve Symposiumは、4年毎に顔面神経麻痺領域における世界的権威の方々が集まる学会です。今回は2017年8月3日から6日の期間、アメリカのロサンゼルスで開催され、羽藤教授、山田先生、私が参加してきました。
 学会の講演では、顔面神経麻痺の治療、評価、リハビリテーションや手術についての最近の知見や各国の取り組みについて幅広く勉強することが出来ました。特に印象に残ったのは、海外の方が顔面神経麻痺後遺症を有する患者さんに対する心理的なサポートが手厚いことでした。患者さん同士が悩みを共有、相談できる場の提供など、今後の参考にしたいと思います。
 私は、舌下神経-顔面神経縫合術後のリハビリテーションについて口頭発表を行いました。今回が初めての海外での学会発表であり戸惑う部分も多かったのですが、とても貴重な経験をさせて頂きました。
 学会場は、アカデミー賞の授与式が行われるドルビーシアターの隣にあり、まさにハリウッドのど真ん中。著名人名の星形プレートが埋め込まれたハリウッド・ウォーク・オブ・フェイムを歩き、ハリウッドサインを眺め、映画のスタジオ見学(学会の懇親会場)にも行ってきました。学会と合わせてハリウッドの街も楽しみ、リフレッシュすることが出来ました。
 今回得られた経験を大切にし、日々の臨床や今後の研究につなげていきたいと思います。

第40回日本顔面神経学会に参加して

2017.06.20

第40回日本顔面神経学会に参加して
上甲智規

平成29年5月31日~6月1日にさいたま市で開催された第40回日本顔面神経学会に参加してきましたので報告致します。
ポスター発表はなく、一般口演62題にシンポジウム、特別講演、リハビリ技術講習会といった内容でした。顔面神経学会は今回初めて参加しましたが、耳鼻科医以外にも形成外科医やST等の参加が多く、普段の学会ではあまり聞けないような再建術やリハビリの発表を聞くことができました。
今回は学会会場のホテルに宿泊し、懇親会や二次会等もホテル内で行われたためほとんど会場から出ることがありませんでした。
2020年の顔面神経学会は愛媛で開催されるため、みんなで盛り上げていきまっしょい。

第1回メドエル研修会に参加して

2017.05.30

第1回メドエル研修会に参加して
大六 鉄兵

今回平成29年5月11日から12日にかけてオーストリアのインスブルックで開催された第1回メドエル研修会に寺岡先生と参加してきました。この地はアルプスの都として中世ヨーロッパから栄えた歴史のある街で、2日間という短い期間でしたがとても良い経験ができました。インスブルックはメドエル本社がある地で、Hochmair社長のオープニングレセプションの後、まだ日本で発売されていないメドエル社の最新技術の紹介や工場見学をさせて頂きました。トレーニング後半では各施設からの症例紹介があり、人工内耳装用および手術適応などについて白熱したディスカッションが行われ、私自身、知識を深めることができました。今後さらに人工内耳および人口中耳の知識を深め、聴覚障害児・者により良い聴こえの提案ができるよう精進してまいります。


寺岡先生の発表


メドエル人工内耳初号機と一緒に

第29回日本喉頭科学会総会ならびに学術講演会に参加して

2017.04.17

第29回日本喉頭科学会総会ならびに学術講演会に参加して
能田淳平

平成29年4月6日、7日に岩手県盛岡市で開催された第29回日本喉頭科学会総会ならびに学術講演会に参加しました。喉頭科学領域を取り扱う耳鼻咽喉科医師が参加し、一般演題が口演72題、ポスター52題でした。その他に様々なシンポジウムなどが開かれており、私は「喉頭・気管の再建外科と再生医学研究」という教育講演を興味深く拝聴しました。
初めての東北地方でしたが、盛岡駅から見える岩手山の雪景色に雄大さに心打たれました。学会後は盛岡冷麺などの地元名物を頂き有意義な時間を過ごすことができました。今回、学会で学んだことを今後の診療に役立てるべく精進致します。

 

第68回日本気管食道科学会総会ならびに学術講演会に参加して

2016.11.25

第68回日本気管食道科学会総会ならびに学術講演会に参加して
能田淳平

平成28年11月16日、17日に東京都で開催された第68回日本気管食道科学会総会ならびに学術講演会に参加しました。気管食道領域を取り扱う耳鼻咽喉科、呼吸器外科、消化器外科の医師達が参加し、一般演題が口演96題、ポスター40題でした。テーマが「超高齢社会の気管食道科学」であり、「超高齢社会の周術期栄養管理」や「高齢社会の癌治療」など興味深い講演やシンポジウムが開催されていました。学会場は最近何かとニュースでとりあげられている東京都庁の目と鼻の先であり、学会後は新宿周辺に足をのばすことができました。今回、学会で学んだことを今後の診療に役立てるべく精進致します。

%e6%b0%97%e7%ae%a1%e9%a3%9f%e9%81%93%e5%ad%a6%e4%bc%9a%e5%a0%b1%e5%91%8a1%e6%b0%97%e7%ae%a1%e9%a3%9f%e9%81%93%e5%ad%a6%e4%bc%9a%e5%a0%b1%e5%91%8a2

第61回日本聴覚医学会総会・学術講演会に参加して

2016.11.04

第61回日本聴覚医学会総会・学術講演会に参加して
寺岡 正人

 平成28年10月20日、21日に岩手県盛岡市で開催された第61回日本聴覚医学会総会・学術講演会に参加してきましたので報告いたします。
 一般演題はすべて口演で、181演題の発表がありました。今回主題として、「主題1:人工内耳装用者の進学・就労をめぐる諸問題」と「主題2:聴覚障害の画像診断と聴覚機能検査」が取り上げられ、活発な意見交換が行われました。また、CE-Chirp音による新しいABR・ASSR測定法についての講演が開発者であるデンマーク Interacoustics 社、Bue Kristensen氏よりあり、興味深く拝聴しました。
 盛岡市はさすが北国であり、10月ですが夜は冷え込み、盛岡城公園では紅葉が始まっていました。ちょうどいわて国体の開催時期と重なり、まちはきれいに整備されとてもにぎわっていました。折角遠方まで足を延ばしたこともあり、時間を見つけて「盛岡三大麺」である「わんこそば」・「盛岡冷麺」・「盛岡じゃじゃ麺」を堪能してきました。
 来年は福岡で開催予定です。次回は聴覚に興味ある若い先生や言語聴覚士にもぜひ参加していただきたいです。


%e7%ac%ac61%e5%9b%9e%e6%97%a5%e6%9c%ac%e8%81%b4%e8%a6%9a%e5%8c%bb%e5%ad%a6%e4%bc%9a%e2%91%a0%e7%ac%ac61%e5%9b%9e%e6%97%a5%e6%9c%ac%e8%81%b4%e8%a6%9a%e5%8c%bb%e5%ad%a6%e4%bc%9a%e2%91%a1%e7%ac%ac61%e5%9b%9e%e6%97%a5%e6%9c%ac%e8%81%b4%e8%a6%9a%e5%8c%bb%e5%ad%a6%e4%bc%9a%e2%91%a2

第7回愛媛頭頸部臨床解剖セミナー

2016.10.18

第7回愛媛頭頸部臨床解剖セミナー
西田直哉

 本年も10月1日、2日の2日間、第7回愛媛頭頸部臨床解剖セミナーを愛媛大学解剖学・発生学教室および愛媛大学白菊会のご協力のもと、愛媛大学医学部手術手技センターにて開催いたしました。
 今回は我々愛媛大学耳鼻咽喉科の大先輩である、神尾記念病院耳鼻咽喉科の比野平恭平先生を講師にお招きし、ESSや鼻中隔矯正術といった基本的な手技から経鼻内視鏡頭蓋底手術まで、多岐にわたる内容をレクチャー頂きました。昭和大学や香川大学の先生にもご参加いただき、いろいろと意見交換などもでき非常に有意義な実習が行えたと思います。

%e7%ac%ac7%e5%9b%9e%e6%84%9b%e5%aa%9b%e9%a0%ad%e9%a0%b8%e9%83%a8%e8%87%a8%e5%ba%8a%e8%a7%a3%e5%89%96%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%e2%91%a0

 また、本年は10月1日に前熊本大学耳鼻咽喉科教授の湯本英二先生の特別講演があり、その夜に岡本耳鼻咽喉科・小児科の岡本和憲先生のご厚意により松山市内某所で、「湯本先生を囲む会」と共催で親睦会をおこないました。

%e7%ac%ac7%e5%9b%9e%e6%84%9b%e5%aa%9b%e9%a0%ad%e9%a0%b8%e9%83%a8%e8%87%a8%e5%ba%8a%e8%a7%a3%e5%89%96%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%e2%91%a2%e7%ac%ac7%e5%9b%9e%e6%84%9b%e5%aa%9b%e9%a0%ad%e9%a0%b8%e9%83%a8%e8%87%a8%e5%ba%8a%e8%a7%a3%e5%89%96%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%e2%91%a1
               「湯本先生を囲む会」

 引き続き来年以降も、参加者にとって有意義なものとなるよう、セミナーを企画していきます。

第26回日本耳科学会総会・学術講演会に参加して

2016.10.13

第26回日本耳科学会総会・学術講演会に参加して
上甲智規

平成28年10月5日~8日に長野県長野市で開催された第26回日本耳科学会総会・学術講演会に参加してきましたので報告致します。
一般演題は口頭発表51題、ポスター発表138題と従来の学会からするとポスター発表の割合が多い印象でした。テーマセッションでは海外から多数の先生が来られており、英語での発表やディスカッションがされていました。私はリスニング力の無さのせいか、内容を聞き取るのに精一杯でした。
また、ポスター発表では各群の中で一番優れている演題に贈られる優秀ポスター賞に岡田先生が選ばれました。

%e7%ac%ac26%e5%9b%9e%e8%80%b3%e7%a7%91%e5%ad%a6%e4%bc%9a%e2%91%a0%e7%ac%ac26%e5%9b%9e%e8%80%b3%e7%a7%91%e5%ad%a6%e4%bc%9a%e2%91%a1
            受賞式。副賞は長野県産のワインでした。

会場から歩いてすぐのところに“牛に引かれて善光寺参り”で有名な善光寺があったので空き時間を利用して参拝してきました。
%e7%ac%ac26%e5%9b%9e%e8%80%b3%e7%a7%91%e5%ad%a6%e4%bc%9a%e2%91%a2
後ろに小さく見えているのが重要文化財である山門(三門)です。

%e7%ac%ac26%e5%9b%9e%e8%80%b3%e7%a7%91%e5%ad%a6%e4%bc%9a%e2%91%a3
村上信五先生の日本耳科学会理事長就任祝い

%e7%ac%ac26%e5%9b%9e%e8%80%b3%e7%a7%91%e5%ad%a6%e4%bc%9a%e2%91%a4
今回の学会で学んだ事を明日からの診療に活かそう という表情で馬肉を食す研修医 岩田先生

第29回日本口腔・咽頭科学会総会ならびに学術講演会に参加して

2016.09.26

第29回日本口腔・咽頭科学会総会ならびに学術講演会に参加して
中田貴大

平成28年9月8日~9日に、島根県松江市にて第29回日本口腔・咽頭科学会総会ならびに学術講演会に参加してきましたのでご報告いたします。
一般演題は口頭発表100題、ポスター発表54題でした。多くの一般演題や教育講演・シンポジウム等を拝聴し、口腔咽頭領域における臨床・基礎両面に関して様々な知見を得ることいができ、非常に有意義な時間を過ごすことができました。懇親会ではステージ上のパネルが「咽頭」でなく「咽喉科」となっていました。会場側のミスだということですが、もしかすると今後拡大していくのでしょうか。
会場近くには玉造温泉があり国内外から多くの観光客が温泉を堪能していました。初期研修医の藤本先生も一緒に学会に参加され、鵜久森先生と固く握手を交わしていました。入局宣言と受けとめさせていただきます。

%e7%ac%ac29%e5%9b%9e%e6%97%a5%e6%9c%ac%e5%8f%a3%e8%85%94%e3%83%bb%e5%92%bd%e9%a0%ad%e5%ad%a6%e4%bc%9a%e7%b7%8f%e4%bc%9a%e3%81%aa%e3%82%89%e3%81%b3%e3%81%ab%e5%ad%a6%e8%a1%93%e8%ac%9b%e6%bc%94%e4%bc%9a

%e7%ac%ac29%e5%9b%9e%e6%97%a5%e6%9c%ac%e5%8f%a3%e8%85%94%e3%83%bb%e5%92%bd%e9%a0%ad%e5%ad%a6%e4%bc%9a%e7%b7%8f%e4%bc%9a%e3%81%aa%e3%82%89%e3%81%b3%e3%81%ab%e5%ad%a6%e8%a1%93%e8%ac%9b%e6%bc%94%e4%bc%9a

%e7%ac%ac29%e5%9b%9e%e6%97%a5%e6%9c%ac%e5%8f%a3%e8%85%94%e3%83%bb%e5%92%bd%e9%a0%ad%e5%ad%a6%e4%bc%9a%e7%b7%8f%e4%bc%9a%e3%81%aa%e3%82%89%e3%81%b3%e3%81%ab%e5%ad%a6%e8%a1%93%e8%ac%9b%e6%bc%94%e4%bc%9a

第4回日本耳鼻咽喉科感染症・エアロゾル学会に参加して

2016.09.16

第4回日本耳鼻咽喉科感染症・エアロゾル学会に参加して
西田 直哉

 平成28年9月2日、3日に岡山県倉敷市で開催された第4回日本耳鼻咽喉科感染症・エアロゾル学会に参加してきましたので報告いたします。
 一般演題はすべて口演で、74演題の発表がありました。多くの一般演題やセミナーを拝聴し、耳鼻咽喉科領域全般における感染症の診断、治療などに関して様々な知見を得ることができ、非常に有意義な時間を過ごさせていただきました。
 また、会場近くには有名な観光地である「美観地区」があり、空き時間に散策しましたが、塗屋造りの町家や白壁土蔵造りを中心とする町並みがあり、ひとりでも楽しめました。松山から車で2時間程度ですので、また次の機会があればゆっくりと訪れたいと思います。
 今学会で得られた知見を今後の臨床に役立てるべく、精進させていただきます。

%e7%ac%ac4%e5%9b%9e%e6%97%a5%e6%9c%ac%e8%80%b3%e9%bc%bb%e5%92%bd%e5%96%89%e7%a7%91%e6%84%9f%e6%9f%93%e7%97%87%e3%83%bb%e3%82%a8%e3%82%a2%e3%83%ad%e3%82%be%e3%83%ab%e5%ad%a6%e4%bc%9a

TOPへ戻る