手術教育研究所について

 当教室の手術教育研究所は、2020年に「全耳鼻科医に“神の手”を」をモットーに設立されました。手術の達人の技術は、時に“神の手”と形容されますが、それはその人が長年鍛錬を積んだ賜物であり、決して最初から備わっているものではありません。神業のような手術の技術も、構造を分析し定量的に評価することができれば、誰にでもその技術を移植することが可能になると考えています。これが実現し、耳鼻科医全体の手術技術が向上すれば、安定して質の高い医療を提供することができるようになります。
 当研究所では、上記を目標に、手術教育を可能な限り科学的に捉え、論文化して発信します。これは全国的にも珍しい取り組みです。若手の先生たちは、この取り組みを通して、手術についてより深く理論的に考察し、自身の技術の向上につなげることができます。

研究成果論文

Sato E, Mitani S, Nishio N, et al. Development of proficiency-based knot-tying and suturing curriculum for otolaryngology residents: A pilot study. Auris Nasus Larynx. 2020;47(2):291-298  耳鼻咽喉科医に必要な結紮縫合スキルについて、RAND/UCLA法を用いて耳科、鼻科、頭頸部外科など各分野の声を均等に集め、コンセンサスを形成しました。必要とされたスキルから7つのタスクを作成し、それらを用いてトレーニングカリキュラムを開発し、その妥当性と有用性を確認しました。当科では毎年このカリキュラムを用いた結紮縫合トレーニングを実施し効果を得ています。

Mitani S, Sato E, Kawaguchi N, et al. Case-specific three-dimensional hologram with a mixed reality technique for tumor resection in otolaryngology, Laryngoscope Investigative Otolaryngology. 2021; 1-6  患者さんの術前のCT画像から3Dのホログラムを作成し、手術に使用した報告です。手術を行う際には、このような立体での解剖の理解が重要になります。

Mitani S, Nishio N, Kitani T, et al. Verbalization, categorization, and evaluation of fundamental surgical skills: An expert consensus in open head and neck surgery, Annals of Surgery Open. 2021; 2:e059  この研究では、質的研究の手法を用いて、頭頸部手術に必要なコツ(技術スキル)を収集し、言語化し、整理しました。結果として、60のコツが収集され、スキルとして言語化され、それらは7つのカテゴリーに整理されました。頭頸部がん専門医(エキスパート)による無記名アンケート調査により、どのようなコツに注目して教育を行うとよいかが明らかになりました。このように、教えるポイントが明らかになると、より効率的な手術指導ができます。

現在進行中の研究

頭頸部外科手術における次世代シミュレーショントレーニングの開発(R2-4 若手研究)

頭頸部癌手術における適切なマージン確保に関する研究

頭頸部外科手術の尺度開発に関する研究

頭頸部手術で使用できるVR(バーチャルリアリティ)/MR(ミクスドリアリティ)技術の研究

腫瘍切除/電気メストレーニングのための腫瘍モデルの開発

内視鏡下鼻副鼻腔手術(ESS)の若手向けトレーニング

Mixed reality(MR)技術を利用したハイブリッドカダバートレーニング