[smartslider2 slider="7"]

月別アーカイブ: 2016年2月

染色体異常がATL に対する同種移植に及ぼす影響

お知らせ

当院では、以下の臨床研究を多施設と共同で実施しております。この研究は通常の診療で得られた過去の記録をまとめる/保管されている試料を詳しく調べることによって行います。このような研究は、「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」の規定により、対象となる患者さんお一人お一人から直接同意を得ることが難しい場合には、研究内容の情報を公開することが必要とされております。
この研究に関するお問い合わせなどがありましたら、下記の「問い合わせ先」へご照会ください。

【研究課題名】染色体異常がATL に対する同種移植に及ぼす影響

【研究機関】愛媛大学医学部附属病院第一内科

【研究責任者】谷本一史(第一内科 特任講師)

【研究代表者】加藤光次(九州大学病院 血液・腫瘍内科)
続きを読む 染色体異常がATL に対する同種移植に及ぼす影響

愛媛大学大学院医学系研究科 血液・免疫・感染症内科学/第一内科 開講四十三周年記念講演会開催のご案内

講演会
 日時 平成28年10月29日(土) 午後3時より
 場所 国際ホテル松山 本館 常盤の間

特別講演(午後4時30分より)
 国立感染症研究所
 所長 倉根 一郎 先生

懇親会
 日時 平成28年10月29日(土) 午後6時30分より
 場所 国際ホテル松山 本館 常盤の間
 会費 1万円

2016年3・4月 学会・研究会・講演会

○日本血液学会中国四国地方会教育セミナー
日時 2016年3月11日(金)18:00~20:00
会場 松山全日空ホテル 本館4F「ダイヤモンドボールルーム」
【演題Ⅰ】
高知大学医学部 血液・呼吸器内科学 講師
池添 隆之先生
「急性骨髄性白血病を取り巻く最近の話題」
【演題Ⅱ】
徳島県立中央病院 血液内科 部長
尾崎 修治先生
「多発性骨髄腫の最新の治療戦略」
【演題Ⅲ】
独立行政法人 国立病院機構 呉医療センター 中国がんセンター がん診療部長
髙蓋 寿朗先生
「血小板減少症の診断と治療のピットフォール」

○血液疾患研究会in松山
日時 2016年3月17日(木)19:15~20:40
会場 松山全日空ホテル 本館3階「ローズルーム」
【特別講演】
山形大学医学部 血液・細胞治療内科学講座 教授
石澤 賢一先生
「悪性リンパ腫治療の進歩と課題-濾胞性リンパ腫、マントル細胞リンパ腫を中心に-」

○Hematology Web symposium
日時 2016年4月26日(火)19:00-19:50
会場 愛媛大学医学部附属病院1号館7階 カンファレンスルーム
演者 東京大学 血液・腫瘍内科 特任講師
   中村 文彦先生
   「真菌感染症の予防と治療~ガイドラインから実臨床へ~」