HOME > 医局ブログ > AHA scientific sessions 2016 (3-4日目)

AHA scientific sessions 2016 (3-4日目)

2016年11月18日
医局ブログの記事一覧

AHA scientific sessions 2016 (3-4日目)

檜垣實男教授,池田俊太郎准教授,鈴木純先生,坂上智城先生,東晴彦先生,七條聖先生,飯尾の7名で参加しました.
まずはコンベンションセンターの前での集合写真.%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a0こちらは全米6番目の規模だそうです. AHAのanthem,「Life is Why」の前でもハートポーズを決めてみました(Life is Whyの意味についてはこちらをご参照くださいhttp://www.localheart.org/branding/BrandGuidelines/LifeIsWhyAssetsUsage/Life-Is-Why-AssetsUsage_UCM_465665_SubHomePage.jsp).%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a1
2015年4月からニューオリンズ市内のバーやパブなどは店舗内でsmoke-freeとなり,食事中に受動喫煙に曝されるリスクはゼロです.しかし路上喫煙は当たり前なので決して空気がきれいということはありませんでした.治安の悪さは全米第8位と地球の歩き方に記載されていたので警戒していましたが,納得する点が多々ありました.昼間だったら問題ないかというとそうでもなく,マクドナルドでは浮浪者らしき人が座ってこちらを眺めてきて…学会会場を1歩出ると常に要警戒状態でした.日本とは桁違いの格差社会であることを感じずにはいられませんでした.

香辛料を効かして,ザリガニやカエル,アリゲーターを食べるケイジャン料理が地元の味です.アリゲーターの肉団子を食べましたが,ワニは見るだけでいいと思いました.生ガキは美味しいということで鈴木先生と坂上先生は毎日食べたそうです.名物スイーツは,Café du Mondeの四角い揚げドーナツだそうで,チコリというハーブ入りのカフェオレと頂きました.%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a2今治にも支店があると聞きましたので,ご興味のある方は今治で食べてみて下さい.

3日目は坂上先生のポスター発表がありました.75分間のセッションで,ずっと緊張しながらポスター前に立っていらっしゃいましたが質問にもばっちり答え,終了した時の晴れやかな表情が印象的でした.%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a3
4日目はとうとう私のポスター発表でした.日本で行われるポスター発表とは違って,座長だと分かる目印がないので,びくびくしながら立っていましたが,無事終了しました.%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a4
夜は兵庫医科大学からピッツバーグ大学にご留学中の先生が主催して下さり,北海道大学,徳島大学,兵庫県立姫路循環器病センターの先生方と夕食をご一緒させて頂きました.Happy hourで皆様かなり飲んでいらっしゃいました.ワインが進んで,会話も弾み,とても楽しい会でした.他施設の先生方とこのように交流出来ることが国際学会の醍醐味だと思いました.

最後になりましたが,このような機会を与えて下さいました檜垣實男教授,ご指導下さった池田俊太郎准教授,東晴彦先生,留守中の臨床を支えて下さっている循環器グループの先生方に心より感謝申し上げます.本当にありがとうございました.

2016年11月16日

飯尾千春子