› 
 › 
7月27日 日本肝臓学会「肝がん撲滅運動」市民公開講座を行いました。
 

お知らせ

日本肝臓学会「肝がん撲滅運動」市民公開講座を行いました。   日本肝臓学会では「肝がん撲滅」に向けて毎年各地域で市民公開講座を行っています。平成26年度の愛媛県は日浅教授が担当となり、7月27日にホテルJALシティ松山で市民公開講座を開催しました。 講演は2部構成であり、前半は栄養部の利光久美子先生に肝臓に大切な栄養をどのようにとるかについて、三宅映己先生に放っておくと怖い脂肪肝について分かりやすくお話がありました。後半はがらりと内容が変わり、徳本良雄先生からB型肝炎やC型肝炎の治療が急速に変わってきていること、廣岡先生からは肝がんの内科がどこまで進んできたかについてお話がありました。肝胆膵・乳腺外科学の高田泰次教授から肝臓の手術を受けるために必要な知識だけでなく、究極の肝臓治療とも言える肝移植についてお話をいただきました。 愛媛大学ではこれまで生体部分肝移植を行ってきましたが、この4月からは脳死の肝移植を行うことができる施設となりました。肝臓の治療を内科から外科の治療まで全てを愛媛県内で行える体制ができたことになります。 183名の方に参加いただき、3時間を超える長時間の公開講座であったにもかかわらず、ほとんどの方が最後まで熱心に講演を聴いて下さいました。

参加ありがとうございました。

7.28 7.28.2t
肝胆膵・乳腺外科学 高田泰次教授

 

 

CATEGORY : お知らせ 未分類 
 
  • 研修会・講演会
  • 臨床研究
  • 外来のご案内
  • 黄蘭会
愛媛大学大学院
消化器・内分泌・代謝内科学
(第三内科)
Departments of Gastroenterology and Metabology, Ehime University Graduate School of Medicine
〒791-0295 愛媛県東温市志津川454
愛媛大学医学部本館8F
TEL 089-960-5308
FAX 089-960-5310
mail : 3naika@m.ehime-u.ac.jp