研究内容のご紹介

細胞外マトリックスと浸潤能との関連性

更新日:2014/05/01

 私たちは、脳腫瘍細胞がもっているSPARCと呼ばれているタンパク質に注目し、そのタンパク質が腫瘍の浸潤にどのような影響を与えているか調べています。そのために、siRNAという、遺伝子の中に取り込まれ、目的のタンパク質の発現をおさえる特殊なRNAを悪性脳腫瘍細胞に導入する実験を行っています。その結果、SPARCが少なくなると、腫瘍の浸潤能が低下し、SPARCは腫瘍の浸潤に関わっているタンパク質であることがわかっています。

saibou