愛媛大学医学部 眼科学教室Department of Ophthalmology,
Ehime University School of Medicine

ロゴマーク:愛媛大学医学部 眼科学教室

医学生・研修医の方へStudents

研修医の一週間

イメージ:研修医の一週間

眼科研修医の一週間

月曜日・水曜日・金曜日が手術日となっており、手術に入っていないときは外来で問診をとったり、検査・処置を行ったりしています。
また、夕方以降は月or火曜日の角膜回診、木曜日17時から総回診、18時から医局会・カンファレンスに参加します。

眼科研修医の一日

  1. AM 8:00
    イメージ:病棟回診
    病棟回診

    病棟主治医は研修医が行っており、受け持ち患者の診察を行います。

  2. AM 8:30
    イメージ:手術
    手術

    受け持ち患者の手術に助手として入ります。ここで数多くの手技を見て学び、気になった点は手術後にじっくりと教えてもらいます。

  3. AM 9:00
    イメージ:手術 イメージ:手術2
    手術
    新患

    他病院から紹介受診した初診患者の予診をとり、その後必要な検査を自分で考え、診断・治療について上級医と相談します。

    検査

    研修員は外来での検査を通して、数多くの機械を使った検査を習得していきます。実際に検査機械を使うことで、検査結果のエラーなども一つの情報として解釈することができます。

  4. 昼休み

    外来・手術の間で交代で休憩を取り、午後の仕事に備えます。

  5. PM 2:00
    イメージ:検査
    検査

    外来が落ち着いてくると、入院患者の手術前・手術後の検査を行います。

  6. PM 5:00
    回診

    月or火曜日、木曜日は回診があります。
    入院中の患者の治療方針などについて議論します。
    病棟主治医はここで術後の経過・治療方針についてのプレゼンを行います。

  7. イメージ:緊急手術
    緊急手術

    研修医は交代で緊急手術の助手・病棟主治医にもなります。
    夜の緊急手術に備えて軽食をとっています。