愛媛大学  大学院・医学系研究科   寄生病原体学分野  学部学  医科学実習2012 

名前
学年
テーマ
猪谷 聡子
4回生
P. bergheiの肝臓ステージ培養系の改良と必須栄養成分の同定
多田 美苑
伝搬阻止ワクチン候補抗原の発現および局在解析
秋元 真穂
3回生
伝搬阻止ワクチン開発の為にP. vivaxの生殖体表面に局在する分子の抗体作成
勝部 璃子
Inner membrane complexを構成する分子のオオキネートにおける役割の解明
篠崎 智香子
新規ロプトリー分子のスポロゾイトにおける機能解析
渡部 遥
2回生
新規雄ガメトサイト特異的分子のc-myc融合組み換え原虫の作出と局在解析
阿部 央
1回生
6-cys protein familyの発現解析およびc-myc融合組換え原虫作出による局在解析
上野 真梨子
新規デンスグラニュール候補分子のc-myc融合組み換え原虫の作出と局在解析

現在行なっている医科学実習の概要 (Apr/2012 - Mar/2013)

現在のテーマ
1)伝搬阻止ワクチン新規候補抗原の探索
2)有性生殖に関与する分子の性状解析
3)形態形成および運動に関わる分子の機能解析
4)標的細胞侵入に関与する分子の性状/機能解析
5)肝細胞内での原虫発育のin vitro培養系の改善と必要栄養素の同定
など
 

手技
1)PCR法による標的遺伝子の増幅
2)アガロースゲルによるDNA電気泳動
3)ゲルからのDNA抽出
4)クローニング・ベクターへの組み込み
5)大腸菌によるプラスミドの増幅
6)プラスミドの抽出
7)塩基配列決定
8)遺伝子組換えマラリア原虫作出とその選択
9)Western blottingによるタンパク質発現解析
10)間接蛍光抗体法によるタンパク質局在解析
11)コムギ胚芽由来無細胞タンパク質合成系による組換えタンパク質発現
など



2009年度
2006年度
2005年度
2004年度
2003年度
2002年度
2001年度
2000年度

[このページのトップへ] [今年度の医科学実習へ戻る]