小児医療を通じて未来を守る

院内学級

院内学級

【小学校の紹介】
愛媛大学医学部に入院し、主治医の学習許可がある小学生のための教室です。
平成9年4月1日に開設しました。東温市立吉井小学校から担当の教師が来て、月曜日から金曜日の10時~12時、13時~15時に授業を行っています。
学習内容は小学校に準じたもので、少人数の利点を生かして一人ひとりの応じた授業を行っています。
入院による学習空白をなくすとともに、退院後に安心して以前の学校に戻れるように、自分が戻る学級との交流も行っています。
体調のすぐれない児童には、病室を訪問して行うベッドサイド授業にも取り組んでいます。
また、無菌室で治療中の児童には、必要に応じてテレビ授業を行います。

【中学校の紹介】
中学校院内学級では、入院生活にリズムを付ける、基礎学力の充実、精神的な支えとなる、を目標に、東温市立重信中学校より5名の教員が指導に来ています。
5教科中心の授業ですが、個性的な教科担当者によって入院生活が少しでも明るいものになるように心がけています。
退院後、地元校へのスムースな復帰のために、家庭や学校との連携を密にするように努めてまいります。

愛媛大学大学院医学系研究科分子・機能領域 小児科学講座

愛媛大学大学院  医学系研究科分子・機能領域  小児科学講座

〒791-0295  愛媛県東温市志津川  TEL:089-960-5320  FAX:089-960-5941

Copyright © 2007 Ehime University Graduate School of Medicine, Department of Pediatrics All right reserved.