入局案内

女医からみた放射線科の魅力

放射線科に入局して1~2年が経った3人の女医さんにインタビューをさせてもらいました。
*注)当科では結婚後の勤務も考えて希望女医さんは下の名前で呼び合っています。

ルイ先生

医師免許取得4年目、出産の為一年休職し今年から復帰。1歳児の育児と仕事の両立に奮闘中。

キエ先生

医師免許取得3年目、昨年末に結婚したばかりの新婚女医さん。

レミ先生

医師免許取得3年目、今回唯一の独身女医さん。

インタビューワー(以下、X)

医師免許取得10年ちょっと。HP作成担当♂。

インタビュースタート

X:
今日はHP更新記念コンテンツとして、進路に悩む後輩女医さん向けのインタビューをさせてもらいます。よろしくね。
一同:
よろしくお願いします!

学生時代の頃の放射線科のイメージについて

X:
じゃあ、早速。皆が学生時代の頃、放射線科のイメージはどうだった?
キエ先生:
人と会話するのが苦手な人たちの集まりかと思っていました!パソコン大好きで暗い感じ?(笑)
ルイ先生:
そうそう、一緒!(笑)
X:
いきなり酷い評価やね。どれだけオタクの集まりだと思っていたの?(笑)
レミ先生:
私は賢い人たちの集まりっていうイメージでしたよ。
X:
おっ、ナイスフォロー!
レミ先生:
全身なんでも知っているイメージで、逆に自分は絶対真似できないから入局できないなってイメージでした。
X:
レミ先生には敷居の高いイメージだったんだね。ルイ先生とキエ先生の評価は酷いけど(笑)。まぁ、ちょっとわかりにくい科だったのは間違いないね。

放射線科に入ろうと思った理由について

X:
じゃあ、皆が放射線科に入ろうと思った理由はなんだった?
キエ先生:
最初は、入局は全然考えていなかったです。初期研修医時代に一ヶ月間の予定でローテートしてみたら、女性が働きやすい環境や全身が勉強できる環境がそろっていて、いいところが沢山あって、気がついたらローテートを延長、再延長して入局していました。
ルイ先生:
私は学生時代から女性が働きやすい科と聞いていたので、最初から興味がありました。あと、お給料がいいときいていたので(笑)。
一同:
そこかぁ(笑)
ルイ先生:
あと、最後まで他の臨床科と悩んだのですが、入局直前に妊娠が発覚しまして(笑)。出産育児をしながら働ける環境ということで最終的には自分の人生や家族のことも考えて放射線科に入局を決意しました。
レミ先生:
私も女性に優しい職場ってことが一番の理由で、ギリギリ2月まで悩んで入局を決意しました。

放射線科に入ろうと思った理由について

X:
なるほど、それぞれ悩みながらの入局だったんだね。実際、入局して一年過ごしてみてどうだった?
キエ先生:
同期が大勢(男の子も併せて6人)いたので、一緒に楽しく過ごせたというのがまず一番でした。あとは、この一年で読影できる画像の範囲がとても広がった印象です。
ルイ先生:
私は放射線科じゃなかったら、育児しながらこんなにはがんばれなかっただろうなぁと思います。本当に放射線科でよかったと。あと、仕事のやりがいも大きくて、他科から信頼される先輩方をみていると本当に凄いなぁと、自分も早く頼られる放射線科医になりたいと思います。まだまだ勉強したいです。
レミ先生:
私も同期が多くて楽しくまったりと過ごせました。仕事は、、、まだまだ勉強しないといけないなぁと思ってます(笑)。
ルイ先生:
放射線科はOnとOFFがはっきりしているのがいいですね。例えば土日は当番の人以外は休みなので、自分の時間を自由に過ごせる。先の予定を決めれるのは放射線科のいいところだと思います。私は子育て中なので、平日はどうしても早寝しちゃうので、土日にまとめて時間を作って勉強できるのがとても助かります。
X:
現状でも放射線科は女医さんにも働きやすい環境だとのことだけど、今後は遠隔診断が普及して、在宅画像診断も始まるかもしれないね。うちの医局も将来的には遠隔診断をと考えているんだけど、どう?
一同:
凄くいいです。やりたい!
ルイ先生:
まだ新人なので、今は出勤してでも上の人のレポートを見ながら勉強していきたいですけど、自分の所見に自信が持てるようになれば積極的に活用していきたいですね。

女医さんが働きやすい環境について

X:
今のところは、うちの医局での研修に満足してもらえているようだけど、もし後輩たちの為にも女医さんが働きやすい環境をさらに望むなら何かある?
キエ先生:
現状は十分満足しています。ただ、私は結婚したばかりで子供も早く欲しいので、妊娠したらバリバリ仕事だけには没頭できなくなってしまいます。なので、子育てと研修を両立できる環境がさらに充実してもらえたらありがたいな、と思います。
X:
子育てしながら働ける環境作りが一番の要望ね。そういった意味ですでに一人目の子育てに入っているルイ先生はどう?
ルイ先生:
子育てしている立場でも十分満足していますが、私もまだまだ二人目三人目と欲しいので、後輩の為にも未来の自分の為にも更に働きやすい環境を作っていければいいなと思います。
X:
まだ独身のレミ先生はどうですか?
レミ先生:
私も早く結婚して、子育てしながら働きたいと思います。学生時代は結婚したら仕事を辞めることも考えていたのですが、放射線科で働き始めて育児と両立している同期や先輩をみていると私もがんばれるかなと、思えるようになってきました。遠隔診断が普及すれば子育てしながらでも一生の仕事にできると思います。とりあえず結婚ですかね(笑)

進路に悩んでいる女性初期研修医の皆さんへ一言

X:
じゃあ、最後に進路に悩んでいる女性初期研修医の皆さんへ一言。
キエ先生:
とりあえず、一ヶ月でも放射線科を画像診断の勉強の為にローテーションしてもらえれば、イメージは変わると思います。
ルイ先生:
とりあえず短期間でもいいから回ってもらいたいよね。
X:
確かにキエ先生、ルイ先生の放射線科への第一印象は酷かったからね(笑)。でも回ってもらえれば挽回してかなりの高評価が得られると思うよね。
ルイ先生:
私たちはどうしても読影室で過ごす時間が長いので、外部の人と関わりが少なくなってしまうんですけど、症例の相談とかにきてもらえれば皆がフレンドリーなのもわかってもらえるし、どんどん会いに来て欲しいですね。あと、やはり女の子は将来に不安を持っている子が多いので、私自身も自分の経験を踏まえてどんどん相談にも乗っていきたいなと思います。
X:
さすが一通り過ごした先輩の発言だね。じゃあ最後にレミ先生。
レミ先生:
本当に女の子の働きやすい環境だと思うから、是非短期間でもローテーションして来て欲しいですね。いつでも相談に乗りたいと思います!
X:
なるほど。是非、大勢の研修医にローテーションしてもらいたいですね。今日はありがとうございました。
一同:
ありがとうございました。
  • 医局員専用ページ IDとパスワードが必要です。
  • リンク集