愛媛大学附属病院 形成外科

Department of Plastic and Reconstructive surgery, Ehime University Hospital

入局のご案内

Entry Guide

◆ 興味のある方・見学などの連絡先 ◆
愛媛大学皮膚科/形成外科 089-960-5350(直通)
E-mail: derma-ka@m.ehime-u.ac.jp

◆ 愛媛大学形成外科専門研修プログラム ◆
愛媛大学形成外科では専門研修プログラムを公開しております。詳細については以下の資料をご覧ください。

資料のダウンロードページへ

施設

当科は日本形成外科学会の専門医育成の認定施設です。日本形成外科学会が指定する取扱い疾患である新鮮熱傷、顔面骨骨折および顔面軟部組織損傷、唇裂・口蓋裂、手足の先天異常・外傷・変形、その他の先天異常、母斑・血管腫・良性腫瘍、悪性腫瘍およびそれに関する再建、瘢痕・瘢痕拘縮・ケロイド、褥創・難治性潰瘍、美容外科など全てを網羅する研修を行うことが可能です。

研究

ケロイド・肥厚性瘢痕や血管腫・血管奇形などについての臨床研究を行っています。基礎研究としては表皮角化細胞の細胞生物学的研究や、共同研究として血管奇形の研究を基礎系の教室で行っています。

雰囲気

外科系の医局ですが、体育会系のノリは全くなく、上級医師にも言いたいことははっきり言える雰囲気です。医局・病棟・外来が皮膚科医師と同じであるため、協力してする仕事もありますが、基本的には別行動です。一方、飲み会や部活(カラオケ、スキー、ゴルフ)などは皮膚科と楽しく合同で行います。

医局員の出身

出身大学を問いません。また、途中入局、転科の方も、なるべくご希望に応じた研修を提供するようにしています。
これまでの医局員の出身大学:愛媛大学、大阪大学、川崎医科大学、和歌山県立医科大学、広島大学、杏林大学、兵庫医科大学、など

女性医師

現在女性医師は助教1名、医員2名が在籍しており、1名は出産・育児をしながら仕事を続けています。勤務形態やアルバイトの希望などは出来るだけ配慮しています。

卒後研修と関連病院での勤務

基幹施設である愛媛大学医学部附属病院と3つの連携施設での研修が可能です。

(専門研修のローテーションの一例)
1年目:愛大医学部附属病院 形成外科(1年)
        ↓
2年目:松山市民病院形成外科(1年)
        ↓
3年目:市立宇和島病院 形成外科(1年)
        ↓
4年目: 愛大形成外科(9か月)、愛媛県立南宇和病院(3か月)

愛媛大学形成外科で研修を行った人は、卒後8年以内に100%形成外科専門医を取得しています

(専門研修終了後)
形成外科専門医取得後は、診療科の一員となって大学病院あるいは関連病院で、形成外科診療の研鑽を続けるのが一般的な流れです。また、日本形成外科学会専門医取得後は、サブスペシャリティーとして日本頭蓋顎顔面外科学会、日本美容外科学会、日本創傷外科学会、日本レーザー医学会、皮膚腫瘍外科などさらに専門的な診療科目の専門医を取得し、大学病院、関連病院における指導医を目指すことも可能です。

(他施設の見学または留学)
現在2名が国内に留学しています(札幌医科大学、大阪医科大学)。他にも国内外問わず、希望の施設に見学または留学に行くことができます。
また、希望により研究(臨床および基礎)や大学院に行くことも可能です。