Course

皮膚科学

Course introduction

講座紹介

分子・機能領域
皮膚科学

皮膚科医と形成外科医が一同に会し、臨床も研究も共に行うアカデミア

表皮角化細胞の細胞生物学的研究から生理・機能解析を中心として、表皮自然免疫などに関する基礎研究などを行っています。また、translational research においては、アトピー性皮膚炎などの炎症性皮膚疾患の病態解析、創傷治癒機転の新しい治療法開発、掌蹠膿疱症および類縁疾患の病態解析・治療開発などが行われ、研究室で得られた知見を臨床現場に還元することを目標としています。

【講座問い合わせ先】

分子・機能領域 皮膚科学 〒791-0295 愛媛県東温市志津川454
TEL:089-960-5350 / FAX:089-960-5352
公式HP http://www.m.ehime-u.ac.jp/school/dermatology/

Research content

研究内容

  • 掌蹠膿疱症の病態解析・治療開発

掌蹠膿疱症の病態を明らかとし、将来の診断・治療法を開発する。

  • 膿疱症発症メカニズムの解析

無菌性膿疱をきたす膿疱症の病態解析を行う。無菌性膿疱発症機序を明らかにする。

  • 三次元培養表皮システムの改良

三次元的構造を再現した人工皮膚作製法の改良を行い、難治性皮膚潰瘍の新規治療へ応用する。

  • 創傷・治癒機転におけるHMGB1の役割

炎症機転におけるHMGB1の役割と発現コントロールによる臨床応用への展開を模索する。

  • 皮膚血管腫の発生病態解明

皮膚血管腫の発生病態メカニズムの解明を行う。

  • 表皮角化細胞におけるSmurfの機能解析

TGF-βシグナルの制御因子であるSmurfの角化細胞における機能を明らかにする。

  • 皮膚自然免疫における細胞外マトリックスの役割

炎症性皮膚疾患や創傷治癒過程における細胞外マトリックスの役割を解明し、新たなバイオマーカーや治療法を開発する。

Main achievements

主な実績

  • Murakami M, Muto J, Masuda-Kuroki K, Tsuda T, Mori H, Utsunomiya R, Shiraishi K, Sayama K. Pompholyx vesicles contain small clusters of cells with high levels of hyaluronate resembling the pustulovesicles of palmoplantar pustulosis. Br J Dermatol. 2019; 181: 1325-1327
  • Muto J, Sayama K, Gallo RL, and Kimata K. Emerging evidence for the essential role of hyaluronan in cutaneous biology. J Dermatol Sci. 2019; 94: 190-195
  • Utsunomiya R, Dai X, Murakami M, Masuda K, Okazaki H, Tsuda T, Mori H, Shiraishi K, Tohyama M, Sayama K. Heparinoid suppresses Der p-induced IL-1β production by inhibiting ERK and p38 MAPK pathways in keratinocytes. Exp Dermatol. 2018; 27: 981-988
  • Mori H, Murakami M, Tsuda T, Kameda K, Utsunomiya R, Masuda K, Shiraishi K, Dai X, Tohyama M, Nakaoka H, Sayama K. Reduced-HMGB1 suppresses poly(I:C)-induced inflammation in keratinocytes. J Dermatol Sci. 2018; 90: 154-165
  • Masuda-Kuroki K, Murakami M, Tokunaga N, Kishibe M, Mori H, Utsunomiya R, Tsuda T, Shiraishi K, Tohyama M, Sayama K. The microbiome of the “sterile” pustules in palmoplantar pustulosis. Exp Dermatol. 2018; 27: 1372-1377
  • Tohyama M, Shirakata Y, Hanakawa Y, Dai X, Shiraishi K, Murakami M, Miyawaki S, Mori H, Utsunomiya R, Masuda K, Hashimoto K, Sayama K. Bcl-3 induced by IL-22 via STAT3 activation acts as a potentiator of psoriasis-related gene expression in epidermal keratinocytes. Eur J Immunol. 2018; 48: 168-179
  • Murakami M, Kameda K, Tsumoto H, Tsuda T, Masuda K, Utsunomiya R, Mori H, Miura Y, Sayama K. TLN-58, an Additional hCAP18 Processing Form, Found in the Lesion Vesicle of Palmoplantar Pustulosis in the Skin. J Invest Dermatol. 2017; 137: 322-331
  • Dai X, Tohyama M, Murakami M, Sayama K. Epidermal keratinocytes sense dsRNA via the NLRP3 inflammasome, mediating interleukin (IL)-1β and IL-18 release. Exp Dermatol. 2017; 26: 904-911

Staff introduction

スタッフ紹介

皮膚科学 教授

佐山 浩二

教授からのメッセージ


皮膚は人体最大の臓器であり様々な免疫反応を担っています。皮膚科は疾患数が多い分野で、アレルギー/炎症・感染・腫瘍などが守備範囲となります。臨床研修においては皮膚のみを診るのではなく、全身を包括的に診るために内科研修が重要ですし、皮膚外科を含めて幅広い研修を受けて頂きたいと思います。また、大学病院の役割は一般病院では行えない高度な医療を行い発展させることにあります。そのためにはそれを支える基礎的な研究が必要ですので積極的にphysician scientistを育てていきたいと思います。当講座では表皮角化細胞の自然免疫機能、培養皮膚作成・臨床応用を中心に研究しております。

スタッフ紹介