Course

肝胆膵・乳腺外科学

Course introduction

講座紹介

分子・機能領域
肝胆膵・乳腺外科学

高度の技術と

熱い心を持ち、

考えることの出来る

外科医を育成する

肝胆膵・移植外科は、これまで90例以上の生体肝移植治療の実績を有し、平成26年には四国で唯一の脳死肝移植施設として登録され、肝移植の基礎的・臨床的研究に尽力している。また、肝胆膵領域の悪性腫瘍に対する治療成績向上のために、手術と化学療法・放射線治療などを組み合わせた集学的治療を積極的に進め、エビデンスの集積をおこなっている。近年、肝胆膵領域でも増えてきた腹腔鏡下手術のデバイス開発も行っている。乳腺外科では主に乳癌の診療、研究と研修・教育を行っています。乳癌の治療においては手術、薬物療法、放射線療法等を用いた最新のエビデンスに基づく集学的治療を実施しています。研究においては臨床研究のほか分子生物学的研究にて乳癌に関する様々な疑問・問題点の究明に努め、臨床へ橋渡しをするトランスレーショナルリサーチを目指しています。女性医師が多く在籍し女性の視点に立った細やかな診療、研究を心がけております。

【講座問い合わせ先】

分子・機能領域 肝胆膵・乳腺外科学 〒791-0295 愛媛県東温市志津川454
TEL:089-960-5327 / FAX:089-960-5329
公式HP http://www.m.ehime-u.ac.jp/school/surgery1/

Research content

研究内容

  • 新規腹腔鏡手術照明装置の開発

2次元の腹腔鏡手術平面映像に、陰影の手がかりによる奥行き感を与え、肉眼視と同様の自然な映像を提供する新規腹腔鏡手術照明装置の開発

  • DSA陽性症例における肝移植成績の解析

DSA陽性症例においては肝移植後の90日以内のmotalityと相関していることがわかった。

  • 胆嚢癌疑診例に対するCEA値と腫瘍径を用いた治療方針選択

胆嚢癌のSS浸潤の可能性を診断する、CEA値と腫瘍径を用いたスコアリングシステムを開発した。

  • ユビキチンE3複合体CUL3/BTBP依存的な新規増殖シグナル制御機構の解明

乳癌細胞株を用いHER2陽性乳癌細胞におけるユビキチンE3複合体CUL3/BTBP依存的な増殖シグナルの制御機構を分子レベルで詳細に解明し、薬剤耐性解除や増殖制御といった新たな治療戦略に繋がるメカニズムを解明する。

  • ビッグデータを用いた乳腺の化生癌の新規治療標的の探索

ヒト乳癌組織の遺伝子発現データから新規治療標的となりうる遺伝子を同定し、候補遺伝子の乳癌細胞における働きを解析する。

  • 2光子励起顕微鏡を用いた乳腺領域の病理検体の観察及び、臨床病理組織学的因子との関連性の検討

2光子励起顕微鏡所見と臨床病理学的所見の対比を行い、乳腺腫瘍の鑑別診断や予後予測における有用な因子を探索する。

  • 軸索誘導因子セマフォリンによる薬剤抵抗性乳癌を標的にした新規治療戦略

SEMA3Fタンパク質を用いて、薬剤耐性乳癌株に対する腫瘍抑制効果をin vitro、in vivo系で評価して、薬物耐性化を克服するための新たな治療戦略を提示し、より効果的な乳癌治療法の開発を目指す。

Main achievements

主な実績

  • Sakamoto K, Ogawa K, Matsui T, Utsunomiya T, Honjo M, Ueno Y, Tamura K, Inoue H, Takai A, Takada Y. Vertical interval between hepatic segment of inferior vena cava and right atrium predicts intraoperative blood loss during hemi-hepatectomy. J Hepatobiliary Pancreat Sci 2020;27(2):90-100
  • Sakamoto K, Ogawa K, Inoue H, Shine M, Matsui T, Nishi Y, Utsunomiya T, Tamura K, Takai A, Takada Y. Significant association between the preoperative erythrocyte mean corpuscular volume and infectious complications after pancreaticoduodenectomy. Surg Today 2020;doi:10.1007/s00595-020-02083-7
  • Sakamoto K, Ogawa K, Tamura K, Iwata M, Sakamoto A, Matsui T, Nishi Y, Nagaoka T, Funamizu N, Takai A, Takada Y. Usefulness of a balloon catheter for intraoperative cholangiography during living donor hepatectomy: A product investigation. Ann Transplant 2020;25:e929062
  • Ogawa K, Kaido T, Okajima H, Fujimoto Y, Yoshizawa A, Yagi S, Hori T, Iida T, Takada Y, Uemoto S. Impact of pretreatments on outcomes after living donor liver transplantation for hepatocellular carcinoma. J Hepatobiliary Pancreat Sci 2019;26(2):73-81. doi:10.1002/jhbp.602
  • Tamura K, Tohyama T, Watanabe J, Nakamura T, Ueno Y, Inoue H, Honjo M, Sakamoto K, Takai A, Ogawa K, Takada Y. Preformed donor-specific antibodies are associated with 90-day mortality in living-donor liver transplantation. Hepatol Res 2019;49(8):929-941. doi:10.1111/hepr.13352
  • Murakami A, Maekawa M, Kawai K, Nakayama J, Araki N, Taguchi T, Kamei Y, Takada Y, Higashiyama S. Cullin-3/KCTD10 E3 complex is essential for Rac1 activation through RhoB degradation in human epidermal growth factor receptor 2-positive breast cancer cells. Cancer Sci 2019;110(2):650-661. doi:10.1111/cas.13899

Staff introduction

スタッフ紹介

肝胆膵・乳腺外科学 教授
高田 泰次

教授からのメッセージ


肝臓・胆道・膵臓の疾患、特に悪性腫瘍に対する外科治療は高度技術を必要とし高い専門性が求められます。進行癌に対しては肝臓移植の手技を応用した拡大手術で治癒切除を図り、一方で腹腔鏡を用いた低侵襲手術を駆使して患者さんのQOLを高めることも重要です。また乳癌治療では、進行度とQOLの両者を配慮して最適の術式を選択し、化学療法や放射線治療を組み合わせた集学的治療が必要です。本講座では肝胆膵・乳腺外科領域での最高水準の医療を提供するため、先進的な基礎・臨床研究を推し進め、エビデンスを積み重ね世界に向けて発信することを目指しています。

スタッフ紹介