今村 健志 教授 愛媛大学大学院医学系研究科 分子病態医学講座

本ホームページをお訪ね下さり、有り難うございます。
愛媛大学大学院医学研究科分子病態医学講座は、2010年(平成22年)10月に新設された教室で、私今村健志が初代教授として着任しました。医学部教育では、2回生の遺伝学を担当しています。
研究については、特に生体(in vivo)光イメージングの技術開発と医学応用研究に力を入れています。生体光イメージングとは、生きている動物の中で多元的な生命現象や病態をリアルタイムで画像化して解析する手法で、ポストゲノム時代のライフサイエンス研究分野において必須のテクノロジーです。
これまでわれわれは、科学技術振興(JST)や文部科学省のサポートで、多光子励起顕微鏡や光シート顕微鏡などさまざまな顕微鏡を開発し、がんや生活習慣病を中心とした疾患の病態解明や治療法の開発に応用してきました。
現在のライフサイエンス研究の主流を占める分子生物学は、組織や細胞を固定したりすりつぶしたりするin vitro解析が主体で、in vivo(動物が生きたまま)で動物個体を統合的にしかも時空間的に解析するには至っていません。特に、がん研究分野においては、複雑な発がん・転移過程において、がん細胞とその周囲の微小環境を同時に経時的に解析する新たなテクノロジーの開発が強く望まれており、われわれがおこなう研究は時代のニーズに即した創造的で目的志向型の研究と言えます。
さらに、がんの本態に迫る研究のみをおこなうだけでなく、人類にとって差し迫った重要な課題であるがんについて、患者に優しい光診断・光治療へ繋がる基礎基盤研究を推進することを目指しています。
このような、われわれがおこなう研究のねらいは、物理科学とライフサイエンスを有機的に結合させ、“in vivo分子生物学”というべき新たな学術研究領域を創成することです。これらの結果が、新たな研究分野ひいては産業分野の育成へと繋がることを願っています。

 

研究紹介

(I)新規顕微鏡開発と医学研究・医療応用
さまざまなin vivo蛍光イメージング機器を開発し、生きているマウスにおいてがん細胞や血管新生(Cancer Sci, 2009)を可視化し、さらに細胞周期(Cell, 2008)やシグナル伝達(Oncogene, 2008)を可視化することに成功している。さらに、2光子励起顕微鏡を用いた、細胞膜電位イメージング(Sci Rep, 2013)、膵細胞カルシウムイメージング(Int J Mol Sci, 2014)、軟骨マトリクスイメージング(Biomed Opt Exp, 2015)、肝線維化イメージング(BB Reports, 2016)、共同研究において新たな蛍光色素の開発にも力を入れている(Angew Chem Int Ed Engl, 2018; Cell, 2019)。

(II)TGF-β/BMPのシグナル伝達と疾患
世界に先駆けてTGF-β/BMPのシグナル伝達分子のクローニングに成功し(PNAS, 1995; Nature, 1997)、その機能解析を行なってきた(Nat Genet, 1998; Cell, 2000; EMBO J, 2004; Nat Commun, 2015)。ヒト疾患との関連や遺伝子改変マウスを用いた実験にも力を入れている(MBC, 2002; JCB, 2004; Bone Res, 2020)。

研究紹介リンク

■愛媛大学最先端研究紹介「infinity」齋藤 卓 (2021.07.26)
→デジタル顕微鏡で覗く4次元細胞社会

■愛媛大学最先端研究紹介「infinity」今村健志 (2012.02.21)
→最先端顕微鏡でがんの本態に迫る

■文部科学省科学研究費新学術領域研究 がん研究分野の特性等を踏まえた支援活動紹介
→「生体内のがん細胞をリアルタイムでイメージング」

■愛媛大学教員・学生・卒業生の声
→愛媛から最先端研究の成果を発信~百聞不如一見(百聞は一見に如かず)~

■愛媛大学医学部同窓会誌
→新人教授からのメッセージ  今村健志

■愛媛大学広報誌 ドット・イーフォリオ vol.2 <2014>
→シリーズ 愛媛大学「知のひろば」医学系研究科 今村健志教授

■【ラジオ放送】「研究室からこんにちは」(愛媛大学HP)
→研究室からこんにちは 「今村 健志(教授)/医学系研究科/2012年7月14日放送分2012年7月21日放送分」(音源)

連携研究センター

愛媛大学プロテオサイエンスセンター

愛媛大学医学部附属病院 先端医療創生センター