亡くなられたとき


献体は通夜・告別式を済ませてから

 通夜・告別式など葬儀を行うことは献体をするうえで少しも障害になりません。
通夜・葬儀の後、ご遺体は出棺して火葬場に向かうことになりますが、献体される場合は火葬場ではなく大学に運ばれます。
 献体の場合には、ご遺骨が戻るまでに時間がかかります。遺髪や遺爪をおまつりになりたいご希望がありましたらお申し出ください。ご遺体の移送費と火葬費は大学で負担します。

献体を行うにあたって(ご遺族の方へ)

 会員の方が亡くなられたとき、ご遺族の方に次のことをお願いしております。

 1. 亡くなられた方の会員番号・氏名・死亡年月日
   ご遺族代表者の方の続柄・連絡先(電話番号)・葬儀の有無

    平日:8:30〜17:15 TEL:089−960−5177(白菊会事務局)
    時間外(夜間・土日祝日・年末年始)TEL:089−960−5210(当直室)

 2. ご遺体を大学でお引き受けできる日時・場所をご指定ください。

 3. 大学がご遺体をお迎えに行くまでにご用意いただく書類
  @ 死亡診断書の写し 1通
  A 埋火葬許可証   1通(後日郵送でも可)
  B 印鑑(認印で結構です。ただしシャチハタは不可)

 4. お引き受けの際、「解剖に関する遺族の承諾書」を業者が持参しますのでご遺族の代表者の方が記入・捺印してください。

ご遺骨の返還について

 ご遺骨は必ずお返しいたします。ただし、献体されたのち、ご遺骨がご遺族に返還されるまでの期間が、普通は2年〜3年長い場合には3年以上かかることもあります。これには、

  1. 防腐処理等の解剖準備期間として3〜6か月が必要なため
  2. 解剖実習は、通常4か月行われます。
  3.  大学で定められたその年の実習に間に合わない場合は翌年まで保管されるため
  4. 献体登録者が同時期に多く亡くなられた場合など  ・・・の理由があります。

献体された方々のために・・・慰霊祭
 
 大学では毎年11月1日(土・日曜日の場合は、前日又は前々日の金曜日)に御遺族、白菊会会員、大学関係者等が参列する解剖体慰霊祭を行っており、医学部における教育研究に協力され、医学部の向上、発展に貢献された方々の御霊に追悼の意を表し、その御冥福をお祈りしています。


 解剖実習後ご遺体は一体ごとに大学側で丁重に火葬し、慰霊祭終了後に引き続いて行われるご遺骨返還式にて、実習を行った学生や手術手技研修を行った医師から直接ご遺族にご遺骨が手渡されます。当日式に参加できないご遺族には、職員がご遺骨をお返しに参ります。なお、返骨式以外の日に大学までお受け取りに来ていただくこともできます。
 また、ご希望によりご遺骨を大学の納骨堂にお納めすることもできます。