運動器健康科学研究ユニットResearch Unit for Skeletal Health and Diseases

運動器健康科学研究ユニット Research Unit for Skeletal Health and Diseases 運動器健康科学研究ユニット Research Unit for Skeletal Health and Diseases
Scroll

Our Research研究紹介

A
・候補物質提案
・臨床試験による評価
B
・人的交流による有機的連携
・食品・栄養素のスクリーニング
・遺伝子改変マウスによる運動器恒常性維持機構解析
C
・人的交流による有機的連携
・ヒトサンプルの提供・解析
・運動器疾患病態メカニズム解明

本リサーチユニット(RU)は
運動器疾患(ロコモティブシンドローム)を克服するために
運動器の健康を科学し、健康長寿社会の獲得を目指しています。

わが国では2013年以降、総人口に占める65歳以上の老年人口の割合(高齢化率)が25%を超え、超高齢社会に突入しました。
これは、さまざまな慢性疾患に対する医学的な管理が向上し、高齢者の生命予後が著しく改善してきた結果であり、わが国は世界に冠たる長寿国になりました。総人口の減少に伴い、今後益々高齢化率が上昇し、2060年には40%に達すると推定されています。
一方で、介護が必要な高齢者も激増しており、介助を必要とせず自立した生活ができる期間、すなわち健康寿命と平均寿命とのギャップが大きな社会問題になっています。わが国における平成25年度の調査では、要介護・要支援の要因23%以上を運動器疾患が占めており、運動器疾患(ロコモティブシンドローム)への対策は、健康長寿社会を目指す上で避けて通ることができない問題であります。運動器の健康を獲得するためには、運動器の健康を科学し、ロコモティブシンドロームを克服することが必要不可欠です。このような背景のもと、食品科学(農学部、教育学部)と運動器臨床医科学(医学部、附属病院、抗加齢・予防医療センター)、基礎医科学(プロテオサイエンスセンター、学術支援センター)が多様に連携し、骨、筋肉、関節を対象として、学術研究を展開していきます。中でも、食品および栄養素の機能解析によりその作用メカニズムを明らかにするのみならず臨床研究を行うことで、運動器の維持、疾患予防、回復を中心に実際の健康増進に寄与し健康長寿の獲得へと前進することを、本リサーチユニット(RU)設置の目的としております。

Newsお知らせ

2019.09.17お知らせ
運動器健康科学リサーチユニットの活動状況報告を実施(2019.9.13)
2019.09.05業績報告
業績集を追加致しました
2019.05.31お知らせ
ホームページを公開致しました。
Read More

Member研究メンバー

食品科学(農学部/教育学部)、運動器臨床医科学(医学部/附属病院/抗加齢・予防医療センター)、基礎医科学(プロテオサイエンスセンター、学術支援センター)と部局に跨った多様なメンバーが、骨・筋肉・関節を対象とし、有機的に連携して愛媛大学における運動器研究を展開しています。

今井 祐記

今井 祐記(代表)

愛媛大学 プロテオサイエンスセンター病態生理解析部門
大学院医学系研究科 病態生理学講座、学術支援センター 動物実験部門 教授
2005年 大阪市立大学大学院医学研究科修了。2018年より愛媛大学医学部附属病院 副病院長(橋渡し研究推進担当)、2019年より医学系研究科長補佐に就任。運動器研究に従事し、2018年にはECTS East-Meets-West Awardを受賞。
2019年度より「愛媛大学運動器健康科学リサーチユニット」を発足。

三浦 裕正

三浦 裕正

医学系研究科
教授

伊賀瀬 道也

伊賀瀬 道也

医学系研究科
教授

岸田 太郎

岸田 太郎

農学研究科
教授

西 甲介

西 甲介

農学研究科
准教授

Read More
TOP