Welcome        !

 先進諸国の高齢化に伴い、健康長寿の獲得が急務である。そのためには、骨関節疾患、感染症や悪性腫瘍といった様々な病態生理の詳細な分子基盤の解明に基づく疾患治療の進展が必要である。当部門では、マウスジェネティクスを駆使し、疾患モデルの作成とともに様々な遺伝子を組織特異的に改変し、生体内での時間的・空間的な遺伝子の働きを理解する事により、様々な疾患病態生理を理解する事を目的として研究を遂行します。
 一方で、特定の遺伝子のみならず、病態におけるゲノムワイドなクロマチン解析は、全ゲノムレベルでの標的遺伝子の探索や遺伝子発現制御機構の解明に繋がると考えられる。Wet実験とともに、バイオインフォマティクスを取り入れた“Semi-Dry”とも言える研究手法により、多様な疾患に対する新規治療法の開発を目指します。
 当研究室では、大学院教育も担当しておりますので、愛媛大学大学院医学系研究科博士課程の大学院に所属して研究を行う事ができます。サイエンスの楽しさを共有できる仲間を常に募集しております!

 It has been urgent task to obtain “Healthy Longevity” in especially developed countries, which are getting into progressed aging societies. To overcome this issue, it is necessary to develop novel therapeutic strategies based on the knowledge of molecular basis of pathophysiologies of the diseases, such as bone and joint disorders, infectious diseases and malignant tumors. In our division, we do research with the purpose to understand the precise pathophysiologies of various diseases using mice genetic approaches.
 In addition, the genome-wide epigenetic analyses, such as chromatin remodeling and modifications, lead to the clarification of gene expression regulatory systems and the identification of therapeutic target molecules. We try to investigate the novel therapeutic strategies by the integrative “Semi-Dry” approaches with the bioinformatics as well as wet experiments.

Contact        Information

Contact Information
愛媛大学
プロテオサイエンスセンター 
病態生理解析部門
大学院医学系研究科 病態生理学講座
今井祐記
住所:
〒791-0295

愛媛県東温市志津川

愛媛大学医学部本館2階
TEL:
089-960-5925
FAX:
089-960-5953
E-MAIL:
y-imai[ @ ]m.ehime-u.ac.jp
Yuuki Imai MD, PhD
Division of Integrative Pathophysiology
Proteo-Science Center
Graduate School of Medicine
Ehime University
ADDRESS:
Shitsukawa, Toon

Ehime

791-0295

JAPAN
TEL:
+81-89-960-5925
FAX:
+81-89-960-5953
E-MAIL:
y-imai[ @ ]m.ehime-u.ac.jp