診療方針

診療

「臨床腫瘍学講座」は「附属病院腫瘍センター」の業務を通じ、一般的ながんの治療のみならず、臓器別の診療形態の狭間にある疾患、即ち肉腫や原発不明がん、更には複数の合併症を持つことから治療に難渋する症例、そして血液腫瘍の臨床の基盤となる悪性リンパ腫、等々の診療を行っています。更に、この枠に収まらない様々な癌腫においても、院内のコンサルテーションに対応し、病院全体のがん医療の向上に務めています。

「臨床腫瘍学講座」のもう一つの大きな使命は、愛媛県下のがん診療の均てん化です。依然、がん専門医の数は依然充足しているとは言えません。当面は、がん診療連携拠点病院にがん患者を集約して加療を行う必要があります。当臨床腫瘍学講座は、がん診療連携病院と人材交流を行い、数年後には、ある一定数の専門医を各施設に派遣する事を目標とします。また、拠点病院から地域への橋渡しになるような医療従事者の養成を行いたいと考えます。更に、現在「附属病院腫瘍センター」が行っている、がん予防・がん診療の啓蒙活動、がん患者会との連携も積極的に行っています。

愛媛県に高度ながん診療を行う体制を構築し、7つのがん診療連携病院にがん診療医を派遣
文書1

 *リンク*おすすめサイト

愛媛県がん診療連携協議会

国立がん研究センターがん対策情報センター がん情報サービス

がん政策情報センター

がん治療費.com

医薬品医療機器情報提供ホームページ

医療用医薬品の添付文書情報

薬価サーチ

Cancer.Net

Chemotherapy Advisor